HOME > 学校案内 > TASKとは

TASKとは

プロの工芸士たちが、一人ひとりを手ほどき。

伝統工芸を学ぼうと思っても、その道を代表するプロから指導を受けられる機会はなかなか得られるものではありません。そこで、本校では一流の工芸士たちを講師として招き、学生一人ひとりを手ほどきしていく環境を整えました。長年の経験の中で培われた匠の技はもちろんのこと、ものづくりへの真摯な心構えまで身近に学ぶことができる貴重な日々が、本校では卒業まで続きます。

プロの工芸士たちが、一人ひとりを手ほどき。

一流の工芸士が直接指導

国・京都府・伝統工芸業界が支援する本校だからこそ、各工芸界の一流の工芸士たちが、これまで“門外不出”的に継承されてきた匠の技を惜しげもなく伝授。

  • 現代の名工
  • 伝統工芸士
  • 京の名工

技術はもちろん、職人としての心構えまで態度で教えてくれる。先生のそばにいること自体が学びです。 在校生VOICE

実際に手を動かして習得するそれが本校の学びの基本。

専門的な知識や理論を身につけても、それを形にすることができなければ「机上の空論」でしかありません。だから、本校ではカリキュラムの80%が実習系授業。一流の工芸士たちの指導を受け、実際に手を動かすことで技と感性が磨かれていき、その結果は毎年高い就職率につながっています。

実際に手を動かして習得するそれが本校の学びの基本。

全授業の80%が実習系授業

80%が実習系授業 広く知識を身につける他大学の実習は約30%。
本校では1年間の約80%が実習系のカリキュラムを採用。技術を究めるのはもちろん、プロの工芸士から礼儀・作法も教わるから、人間力も身につき、卒業後は社会に必要とされる人材へと成長できます。

未経験者でもイチから学べる

  • 基礎から課題を積み上げる
    スタイルのため、初心者でも安心
  • デッサンは入学時のレベルで
    クラス分けし初歩から学ぶ
  • まず道具を作り、ものづくりの
    理解を深めるところから始める
  • 日本を代表するプロの工芸士から
    ホンモノの技を学べる

道具作りを学ぶ

自分の作りたいカタチを表現するために、使われる道具はときに1 0 0 種類以上にも。実習を通し、道具の特性を知り、手入れの仕方や作り方も学びます。道具そのものを作ることからはじめる学校は本校以外にほとんどありません。

道具作りを学ぶ

「絵を描くこと」「デッサン」は不得意でも、ものづくりや絵、イラストが好きという気持ちがあれば大丈夫。

美術系の勉強はしていないので「絵を描くこと」や「デッサン」は苦手…というあなたも心配はいりません。
ものづくりや絵、イラストが好きという気持ちがあれば大丈夫。本校では「好き」や「興味」という前向きな気持ちを大切に伸ばし、実習を中心に楽しみながら基礎から応用までしっかりと身につけていくカリキュラムをご用意しています。

「絵を描くこと」「デッサン」が不得意でも好きという気持ちだけで大丈夫。

未経験でも大丈夫!デザインも基礎から学べるから安心

  • デザイン基礎演習
  • 造形演習T・U(デッサン)
  • 色彩学
  • 美術デザイン演習

デザインについてより深く学ぶことができる「工芸クリエイターコース」もあります。

デザインやデッサンの初心者でも先生が丁寧に指導してくれるから安心。学んだことは制作に活かしていけます。 在校生VOICE

スマートフォンサイトはこちら