学校案内

About

伝統工芸を体系的な
教育システムで学べる
日本で唯一の学校。

The only school in Japanto learn traditional crafts.

技術を覚える。それだけが伝統工芸の学びではありません。
工芸の背景を知る、
ものづくりの精神を受け継ぐ、
そして、未来に向けてどう発展させていくかを考える。
それらすべてが伝統工芸の学びです。
ここで匠の技と精神を学び、伝統工芸の未来を切り拓いてください。

#TASK Spirit

伝統工芸を支えてきたのは言うまでもなく先人たちの技とものづくりへの想い。
それらを受け継ぐことなしに、伝統工芸の継承はありません。
しかし、職人たちの経験や勘だけを頼りに発展したものも多く、簡単に伝授できるものではありません。
TASKでは工芸士として実績のある講師陣が、ものづくりに向き合う心構えや道具の使い方、高度な技術に至るまでじっくりと教え、工芸のプロフェッショナルとしての力を育成します。

#TASK Spirit

伝統工芸と聞いて思い浮かぶのは厳格で格式の高いイメージかもしれません。
しかし、頑なに伝統を守るだけでは進歩はありません。
そこで近年、活躍しているのが伝統の技を生かし、これまでにないものを生み出す若き工芸士たち。これからの伝統工芸にはクリエイティブな力やプロデュース力も求められています。
TASKでも常識にとらわれず異業種コラボや海外展開などに挑み、新しい文化を創り出す新時代の工芸クリエイターを育てる教育が進んでいます。

若き匠を企業がサポート

新しい時代の伝統工芸の姿。その象徴とも言えるのが「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」。
高級車ブランドのレクサスが、地域の特色や技術を生かしながら新しいものづくりに取り組む匠をサポートするプロジェクトです。2016年にスタートし、各地から選出された若き匠たちが自由な発想でものづくりにチャレンジ。
2017年にはTASKの卒業生である東福太郎さん(木工芸専攻・2007年卒業)がグランプリを受賞。また2019年11月に開催された同プロジェクトの展覧会には4期生の中本晋さん(木工芸専攻・2001年卒業)も参加しています。

TASKは「百花繚乱」

卒業後は工房やメーカーへの勤務だけではなく、独立、指導者など様々な舞台が広がっています。国内をはじめ海外までに活躍の場を移し、時代を牽引している卒業生も少なくありません。TASKを代表する卒業生8名へのインタビューをご紹介します。

TASKの7つのスゴイPoint

充実した環境で夢の実現を強力にバックアップ。
毎年90%を超える就職率、100%を達成しる大学卒業資格(学士)取得率。拓かれた未来への道があるからこそTASKは選ばれています。

資料請求
オープンキャンパス