TASK

陶芸専攻

陶芸の持つ魅力は
繊細な美しさと
“土”が持つ大地の温もり。

The attractiveness of pottery isthe delicate beauty and warmth that we can feel from the pottery clay.

ものづくりに対する意欲。器や料理に対する強い関心。
陶芸のプロとなるためにあとひとつご準備いただきたいもの、それは「覚悟」です。
「技術」と「環境」はTASKが用意します。

京焼・清水焼の技法を基礎とした実習カリキュラムは、1年次・2年次に「ろくろ成形」と「絵付け」の両方を基本から学習。3年次からは、各自のテーマに沿って制作する応用段階。
さらに釉薬の基本から応用までを学びます。
また、ろくろを使わずに成形する「手びねり」や「たたら」など、本校ならではの総合的な技も会得出来ます。

全ては、プロを育てるために。

Be a Proffecional

学びのポイントTASK Method

#01

「器」から「芸術作品」まで、ろくろ成形と絵付けの両方を基礎から学べる。

#02

TASKならではの一人一台の電動ろくろ。絵付け台、電気窯など実習環境が充実。

#03

一流の工芸士である講師から学生一人ひとりを個別指導。

カリキュラムcurriculum

基礎を繰り返し、
体で覚える

土もみ

土をもんで整える工程です。空気の粒が粘土の中にあると、焼いた時に膨張して作品が壊れてしまいます。
土を伸ばして、たたみこみ、練って、を何度も繰り返します。

荒もみ

土の硬さを均一に整える工程です。土を扱う上で一番大切。粘土を広げて、両手を添え、
真ん中の部分を押し込むようにして練っていきます。

菊もみ

土の中に入っている空気を取り除くために行う土練り。作品づくりにベストな土の状態にします。3kg~5kgくらいの粘土を俵状にして、片方の手で押し、片方の手で捻りながら回転させていきます。

土もみ台

TASKの皆の努力の25年間の跡として、天板にもみあとが出来ています。

集中と、
手の感覚だけの世界

ろくろ

ろくろが回る遠心力を利用して、器の径を広げたり狭めたり、高さを出したり様々な造形が可能です。
微妙な力の入れ加減が重要になり、ろくろのスピードで難易度があがります。
TASKでは一人一台の電動ろくろがあるため、技術の向上・作品作りに没頭できます。

土ごろし

作品を作る上で、土をベストの状態に持って行くために欠かせない作業。
ろくろの上に土を置き、回転を利用しながら土を上下させて中心を決めていきます。

土取り

作品に必要な土の量を決めます。
計りなどは無く、手の感覚だけで、同じ大きさの作品になるように土を取ります。

坏挽き

これから作る器の基本となる形をろくろの上で作りあげます。実際はそこから先、さまざまな手法を用いて作品となるのですが、まずはそのための基本の形を身に付けます。
同じものが1日100個作れて合格!

細部にまで、
魂を込める

絵付け

器に施す装飾にはさまざまな方法があります。その内でまず身につけなければならない技術は、日本古来の「伝統文様」。小紋と呼ばれる繰り返しで織りなす幾何学模様や、松竹梅や山水など、日本の風土に根差した伝統文様を学んでゆきます。
墨と筆を使って、繰り返し紙に描いて、文様の形や筆の使い方を会得。さらに、素焼きの器に繰り返し描いて、器のどの部分にどの文様が合うかといった、伝統文様のカタチを学びます。

下絵付け

素焼きをした器に絵付けをします。まったくのフリーハンドなので、最初はまっすぐな線をひくことも難しい技です。

釉薬

陶芸の魅力を語る上で欠かせない釉薬。素焼きした素地の上に液状のうわぐすりをかけて焼くことで、表面にガラス質の皮膜を作り、色を出します。TASKでは専用実習室を設けて、1年次から練習を行います。

上絵付け

京焼・清水焼の特長は、鮮やかな色彩の紋様・モチーフにあります。和絵の具の場合、色を盛る、盛りながら伸ばしていくという感覚も学びます。さまざまな課題をこなしながら多彩な技法を身につけていきます。

01

道具

陶芸技法の一環として、作品作りに用いる道具についても重きをおいています。基本的にその道具は手作り。ヘラだけでなく、色々な用途のカンナ、柄ゴテ、カッターやブラシ、型押しのためのハンコなど、それらが全て手作りです。
どんな材料でどのように作れば役に立つ道具となるのか、そのノウハウもしっかりと学ぶことが出来ます。

02

紋様

日本古来の伝統文様。小紋と呼ばれる繰り返しで織りなす幾何学模様や、松竹梅や山水など、日本の風土に根差した伝統文様を学んでゆきます。
墨と筆を使って、繰り返し紙に描いて、文様の形や筆の使い方を会得。さらに、素焼きの器に繰り返し描いて、器のどの部分にどの文様が合うかといった、伝統文様のカタチを学びます。

仲間がいるから、
乗り越えられる

ともすれば孤独な作業の積み重ねと考えられがちな陶芸ですが、特に若いうちは集団で揉まれながら学ぶ事が何よりも大切です。講師からも、ただ教えられるだけでなく、自ら進んで講師の技を盗んでいく。
仲間たちの修練に自らのモチベーションは自然と高まり、互いに影響されつつも、共に悩み悔しがり励まし合って成長を重ねていくのです。仲間があってこそ今の自分がある。
何にも負けない強い絆で結ばれた学生たちは、社会へと大きく羽ばたいてゆきます。

TASKで築く、
未来への道

TASK Method#01

約80%が実習

TASKの学びの基本は、実際に手を動かすこと。
カリキュラム全体の50%は専門実習で、デザイン・演習科目を含めると、 実に約80%が実習・演習系の授業です。学生たちは常に課題に取り組み、一流の工芸士から直接指導を受けて腕と感性を磨いていきます。

TASK Method#02

展覧会

さまざまなプロジェクトや展覧会へ積極的に参加し、学びを実践の場で磨いています。
各専攻の学生が取り組んだ成果を展示し、表彰されます。

TASK Method#03

就職率93.4%※2019年度 就職率

「社会で確かに活躍できる力」を養うことを目標として掲げる学校です。そのために実践を重視した授業やインターンシップなど、多彩なカリキュラムを導入しており、就職決定までをフルサポートしています。

Interview

先生の声

Professor's Voice

陶芸の技術は大きく分けると「形を作る技術」と「加飾の技術」の二つがあります。TASKではそのどちらも基礎から学ぶことができます。身につけた技を職人として生かすか、作家としてか、陶芸教室の先生としてか。それは本人次第ですが、陶芸のプロとして活躍したい人は一緒にがんばりましょう。

工藤 良健教授

学生の声

Student's Voice

オープンキャンパスで陶芸を体験してみて、「これは自分に合う!」と思い、すぐに入学を決めました。学園祭(松葉祭)では私が作った数十個の箸置きが完売するといううれしい出来事も。将来は陶芸体験ができる工房などでインストラクターとなり、陶芸を楽しむ多くの方と出会いたいです。

上坊 ちさと

工芸コース 2年生/豊島高校(大阪府)出身
工芸士3級

Works

京都陶磁器協同組合連合会賞-イタリア出展

「合縁奇縁」

藤井 樹

陶芸専攻 工芸士3級
大阪成蹊女子高校(大阪府)出身

台湾総領事賞

「そして、旅は続く」

前に進もう!旅を楽しんで下さい。

劉 奐妤

木工芸専攻 工芸士3級
慈濟大學(台湾) 出身

イタリア出展

「祝福」

水野 篤人

陶芸専攻 工芸士3級
創造学園大学出身

優秀賞 京都府知事賞 -イタリア出展

「透彫回転六角瓶」

唐 植霖

陶芸専攻 工芸士3級
国立VISVA-BHARATI大学院(インド)出身

資料請求
オープンキャンパス