• 工芸体験
  • 日本の技を未来につなぐ
  • 「確かな技術」で、道を拓く
  • 伝統工芸の技を学べる唯一の学校



TOPICS



南丹警察署 機能移転訓練


2月21日(金)に、大規模災害時を想定した南丹警察署の機能移転訓練が11号館の図書館で実施されました。
南丹警察署と本校の運営母体である学校法人二本松学院は、2017年10月に災害協定を締結しています。


 ▼ 続きを読む  2020.02.21 


【校外研修】竹工芸名品展見学


竹工芸専攻の1年生から4年生の学生が、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されている竹工芸名品展を見学しました。
この展覧会は、竹工芸作品の世界屈指のコレクターであるダイアン&アーサー・アビー夫妻のコレクションから、近現代の作品75点と、大阪市立東洋陶磁美術館所蔵の陶磁器コレクションが展示されています。


 ▼ 続きを読む  2020.02.13 


第12回 美術工芸甲子園 参加者募集のお知らせ


今回から作品応募部門を広げるため「工芸甲子園」から「美術工芸甲子園」へ名称変更しました。
本大会は、高校生のものづくり教育の振興及び日本が世界に誇るものづくりの技を、次代へ継承する才能を発掘することを目的としています。高校生のご参加をお待ちしております。


 ▼ 続きを読む  2020.02.12 


第24回 京都伝統工芸大学校卒展開催!


「京都伝統工芸大学校 第24回 卒業・終了制作展のオープニング・レセプション」が、
2月7日、午後より、京都伝統工芸館にて執り行われ、多くのご来賓の皆様にお集まりいただきました。


 ▼ 続きを読む  2020.02.07 


陶芸体験 in 園部小学校


南丹市立園部小学校からのご連絡をいただき、2月6日に陶芸体験を行い、5年生(3クラス 約90名)の皆さんが参加されました。
今回の体験は、手回しロクロによる手びねり成形。工藤先生と陶芸専攻の2年生7名が講師として園部小学校を訪れました。


 ▼ 続きを読む  2020.02.06 


2020年度卒展の全作品をご紹介


2月8日(土)より、2020年度卒業・修了制作展が京都伝統工芸館にて開催されます。24日(月・祝)まで展示しておりますので、ぜひご来場ください。また、会期中の土・日曜日は入学相談会を随時開催中。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。


 ▼ 続きを読む  2020.02.05 


エコール・カモンド校からの短期留学


1月20日から28日までの間、フランスにある建築・デザインの学校「エコール・カモンド校」より留学生10名と引率のアキ・コーレン先生がTASK・KYOBIに来られました。


 ▼ 続きを読む  2020.01.29 


「今年の漢字」 揮毫する和紙を和紙工芸専攻が制作


毎年12月12日の「漢字の日」に発表される「今年の漢字」に、「令」が選ばれました。
今回は「今年の漢字」が始められて25年目の節目の年ということで、揮毫する紙にぜひ京都の手漉き和紙を使いたいと、公益財団法人 日本漢字能力検定協会様より京都伝統工芸大学校の和紙工芸専攻に制作をお声がけいただきました。


 ▼ 続きを読む  2019.12.13 


LEXUS NEW TAKUMI PROJECTに卒業生が参加


LEXUS NEW TAKUMI PROJECTの展覧会「TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」に、本校卒業生の東 福太郎さん(木工芸専攻10期生) と 中本 晋さん(木工芸専攻4期生)が参加されました。


 ▼ 続きを読む  2019.12.11 


鈴鹿山収蔵庫が京都景観賞を受賞


京都伝統工芸館の所属する山鉾町「鈴鹿山」の山鉾収蔵庫が、令和元年度 京都景観賞「京町家部門」優秀賞を受賞しました。
京の街歩きの際に、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


 ▼ 続きを読む  2019.12.10 



2020年2月15日に京都伝統工芸館にて漆芸作家「三木啓樂」氏の特別講演会が行われました。
2020年2月7日に京都伝統工芸館にて「第24回 卒業・修了制作展」の開会式が行われました。
フランスのEcole Camondo校からの留学生達が校外研修として、「京都市洛西竹林公園」と「美山かやぶきの里」を見学しました。
今年で25回目を向かえる国際博物館会議。 9月6日(金)行われたエクスカーションの「南丹美山・園部」ルートにて、 総勢39名の方が京都伝統工芸大学校へ見学に来られました。
今年で25回目を向かえる国際博物館会議。 9月6日(金)行われたエクスカーションの「南丹美山・園部」ルートにて、 総勢39名の方が京都伝統工芸大学校へ見学に来られました。
今年で25回目を向かえる国際博物館会議。 9月6日(金)行われたエクスカーションの「南丹美山・園部」ルートにて、 総勢39名の方が京都伝統工芸大学校へ見学に来られました。
今年で25回目を向かえる国際博物館会議。 9月6日(金)行われたエクスカーションの「南丹美山・園部」ルートにて、 総勢39名の方が京都伝統工芸大学校へ見学に来られました。
今年で25回目を向かえる国際博物館会議。 9月6日(金)行われたエクスカーションの「南丹美山・園部」ルートにて、 総勢39名の方が京都伝統工芸大学校へ見学に来られました。
5月18日(土)~26日(日)まで、世界遺産である清水寺の経堂をお借りし、京都伝統工芸大学校の作品展を開催いたします。 作品展は、清水寺の「出世大黒天像」の修復を、京都伝統工芸大学校が依頼され行ったことをご縁として、2009年より毎年開催しております。 清水寺経堂の天井絵も必見。入場無料ですので、ぜひお気軽にご来場ください。
4月26日、「起きあがりこぼし京都展」のクロージングセレモニーが京都伝統工芸館で行われました。 たくさんのご来館、誠にありがとうございました。 起きあがりこぼしの一部は、この後、KYOBI東山キャンパス内の鴨川ギャラリーにて展示予定です。
3月11日、「起きあがりこぼし京都展」のオープニングセレモニーが京都伝統工芸館で行われました。 式は「東日本大震災から8年、亡くなられた方々の御供養や、被災された方々の復興を願って、 清水寺、成就院住職の大西英玄和尚様の追善供養に始まり、 地震が起きた14時46分には黙祷を捧げました。
3月11日、「起きあがりこぼし京都展」のオープニングセレモニーが京都伝統工芸館で行われました。 式は「東日本大震災から8年、亡くなられた方々の御供養や、被災された方々の復興を願って、 清水寺、成就院住職の大西英玄和尚様の追善供養に始まり、 地震が起きた14時46分には黙祷を捧げました。
3月11日、「起きあがりこぼし京都展」のオープニングセレモニーが京都伝統工芸館で行われました。 式は「東日本大震災から8年、亡くなられた方々の御供養や、被災された方々の復興を願って、 清水寺、成就院住職の大西英玄和尚様の追善供養に始まり、 地震が起きた14時46分には黙祷を捧げました。
半年掛かりで作成した卒業修了作品がようやく仕上がり、品評会が行われています。
作品展は、2019年2月9日より、京都伝統工芸館にて開催されます。
入場は無料となっておりますので、お誘いあわせの上、ぜひお越しください!

フランスのEcole Camondo校からの留学生達が清水寺を見学しました。
普段は公開されていない場所も見せて頂き、たいへん貴重な体験になったと思います。

フランスのEcole Camondo校からの留学生達が清水寺を見学しました。
普段は公開されていない場所も見せて頂き、たいへん貴重な体験になったと思います。

2019年1月23日、フランスにある建築・デザインの学校「Ecole Camondo」から
留学生10名と先生1名が来校されました。
留学生は5名ずつに分かれて、「竹工芸」「建築模型」のワークショップを体験しました。
こちらは「竹工芸」ワークショップの様子です。
フランスの建築・デザイン学校「Ecole Camondo」からの留学生方に、
「茶道」を体験して頂きました。


2019年1月23日、フランスにある建築・デザインの学校「Ecole Camondo」から
留学生10名と先生1名が来校されました。
留学生は5名ずつに分かれて、「竹工芸」「建築模型」のワークショップを体験しました。
こちらは「建築模型」ワークショップの様子です。
第24回 京都伝統工芸大学校 卒展記念講演会
第24回 京都伝統工芸大学校 卒展開会式
Ecole Camondo留学生 校外研修
ICOM KYOTO 2019 TASK 見学ツアー(1)
ICOM KYOTO 2019 TASK 見学ツアー(2)
ICOM KYOTO 2019 TASK 見学ツアー(3)
ICOM KYOTO 2019 TASK 見学ツアー(4)
ICOM KYOTO 2019 TASK 見学ツアー(5)
第11回 京都伝統工芸大学校 清水寺作品展
起きあがりこぼし展_クロージングセレモニー
起きあがりこぼし展_03_被爆バイオリン演奏
起きあがりこぼし展_02_来賓挨拶
起きあがりこぼし展_01_山折哲雄氏挨拶
2018年度 卒業・修了品評会
Ecole Camondo留学生 清水寺見学 Part1
Ecole Camondo留学生 清水寺見学 Part2
Ecole Camondo留学生 竹工芸実習2日目
Ecole Camondo留学生 お茶体験
Ecole Camondo留学生 建築模型実習2日目

10専攻概要

あなたの希望に合わせた2コース・10専攻を設置。

継承されてきた伝統工芸の技を、
学ぶことができる唯一の学校。

  • 1・2年 基礎技術 + 3・4年 展開・応用 4年間で基礎から応用・展開まで学び、プロとして生きる力を身につけます。
  • 継承されてきた伝統工芸の技を、学ぶことができる唯一の学校。 継承されてきた伝統工芸の技を、学ぶことができる唯一の学校。
  • 就職率 93%

充実の就職サポート

ピックアップ