HOME > 学科・コース > 京手描友禅専攻

京手描友禅専攻 KYOTO TEGAKI YUZEN

華麗で緻密な世界観に魅了される、京手描友禅のすべてを学ぶ。

江戸時代初期に活躍した扇子絵師、宮崎友禅斎を祖とする京手描友禅。生地の上に糊を置いて防染する糸目糊置という独自の染色技法や、輪郭や細部の線描写を豊かに表現した模様絵などが特長です。1年次は「染帯」を、2年次は「訪問着」を制作。京手描友禅の技術は、下絵、糊置、引染め、挿友禅など分業制ですが、本校では一連の工程を指導し、デザインスキルを併せ持った業界の担い手を育成します。

京手描友禅専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 京都手描友禅協同組合・京都府の全面的なバックアップのもと、一流の職人から指導を受けられる。

2 下絵から糊置、引染、挿友禅、金彩まですべての制作工程を総合的に学べる。

3 学内での実習以外にも京都市内の工房で手仕事に触れる。

目指せる主な職種

染色家 / 着物デザイナー / 手描友禅職人 / 染色加工職人 / 金彩職人 /
商品企画 / 体験教室インストラクター など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    下絵

    意匠図案にもとづいて下絵を描きます。構図に絵師の鋭い感覚が要求される工程です。

    水で洗うと落ちる「青花液」を使います。つゆ草など天然ものと化学合成のものがあります。

    下絵
  • 下絵
  • 課題2
    糊置

    染料がにじまないよう、下絵に沿って糸目糊を置いていきます。絞り出すように糊を引きます。

    約束事をすべて心得、下絵の良さを引き出し、不十分なところを補える絵心と力量が必要です。

    糊置
  • 糊置
  • 課題3
    挿友禅

    薄い色から濃い色へ。筆と刷毛を駆使して、糸目防染された模様の部分に色を挿していきます。

    友禅の美しさの決め手は「胡粉」という染料に挿す「白」。胡粉ぼかしをいかに上手くできるかが腕の見せ所です。

    挿友禅
  • 挿友禅
  • 課題4
    金彩

    金・銀の箔を用いた豪華な装飾。金くくりや押し箔、切箔、摺箔、砂子などの繊細な技術で京友禅ならではの美しさを表現します。

    友禅を華やかに盛り上げるのが金彩と刺繍。京都の金彩は、金沢の金箔を使い雅やかで品格のある世界を表現します。

    金彩
  • 金彩

学びのPOINT

1・2年次にそれぞれ、京都市内の専用工房で実習を行います。

生地を張り、刷毛引きで染色する引染という作業工程。端縫い、引張、地入れ、引染、蒸し、水洗、乾燥、検査までを実際の工房で実習を行い、京手描友禅の基礎を学びます。

学びのPOINT
学びのPOINT
学びのPOINT

在校生VOICE

在校生VOICE

分業制で幅広いからこそ全ての工程を学び一通り作れるようになりたい。

書道や美術が好きで「筆」を使う職業に憧れ、この専攻に辿りつきました。京手描友禅は分業制のため下絵や糊置、挿友禅など、工程それぞれの性格が違うのが面白いですね。今は友禅の色作りを課題に反復練習を繰り返しています。

高峰 叶美京手描友禅専攻 / 大津高校(滋賀県)出身

教授・講師からのメッセージ

  • 稀少な道具を扱い、高度な技術を習得。作品に向き合っていくことで職人として成長していくことができます。

    絹に絵柄を描き彩り、呉服となる反物を仕上げる京手描友禅。1年次は帯、2年次は訪問着を制作します。京手描友禅の道具は稀少なもの。「道具を大切にする」という精神を持って作品に取り組むなかで、職人魂が磨かれていくはずです。京手描友禅は分業制。教員も十数名いるので様々な考え方や技術を学んでください。

  • 荒木 泰博 講師(伝統工芸士) 荒木 泰博 講師(伝統工芸士)