HOME > 学科・コース > 京手描友禅専攻

京手描友禅専攻 KYOTO TEGAKI YUZEN

華麗で緻密な世界観に魅了される
京手描友禅のすべてを学ぶ。

江戸時代初期に活躍した扇子絵師、宮崎友禅斎を祖とする京手描友禅。生地の上に糊を置いて防染する糸目糊置という独自の染色技法や、輪郭や細部の線描写を豊かに表現した模様絵などが特長です。京手描友禅の技術は、下絵、糊置、引染め、挿友禅など分業制ですが、本校では一連の工程を指導し、デザインスキルを併せ持った業界の担い手を育成します。

京手描友禅専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 京都手描友禅協同組合・京都府の全面的なバックアップのもと、一流の工芸士が指導する。

2 下絵から糊置、引染、挿友禅、金彩まですべての制作工程を総合的に学べる。

3 学内での実習以外にも京都市内の工房で手仕事に触れることができる。

目指せる主な職種

染色家 / 着物デザイナー / 手描友禅職人 / 染色加工職人 / 金彩職人 /
商品企画 / 体験教室インストラクター など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    下絵

    意匠図案にもとづいて下絵を描きます。構図に絵師の鋭い感覚が要求される工程です。

    水で洗うと落ちる「青花液」を使います。つゆ草など天然ものと化学合成のものがあります。

    下絵
  • 下絵
  • 課題2
    糊置

    染料がにじまないよう、下絵に沿って糸目糊を置いていきます。絞り出すように糊を引きます。

    約束事をすべて心得、下絵の良さを引き出し、不十分なところを補える絵心と力量が必要です。

    糊置
  • 糊置
  • 課題3
    挿友禅

    薄い色から濃い色へ。筆と刷毛を駆使して、糸目防染された模様の部分に色を挿していきます。

    友禅の美しさの決め手は「胡粉」という染料に挿す「白」。胡粉ぼかしをいかに上手くできるかが腕の見せ所です。

    挿友禅
  • 挿友禅
  • 課題4
    金彩

    金・銀の箔を用いた豪華な装飾。金くくりや押し箔、切箔、摺箔、砂子などの繊細な技術で京友禅ならではの美しさを表現します。

    友禅を華やかに盛り上げるのが金彩と刺繍。京都の金彩は、金沢の金箔を使い雅やかで品格のある世界を表現します。

    金彩
  • 金彩

学びのPOINT

1・2年次にそれぞれ、京都市内の専用工房で実習を行います。

生地を張り、刷毛引きで染色する引染という作業工程。端縫い、引張、地入れ、引染、蒸し、水洗、乾燥、検査までを実際の工房で実習を行い、京手描友禅の基礎を学びます。

学びのPOINT
学びのPOINT
学びのPOINT

卒業・修了制作
近畿経済産業局長賞「繋」

「繋」
  • 田中 佑季
    京手描友禅専攻(工芸士3級)
    京都精華大学出身


    模様と大きさの異なる華紋を少しずつずらしながら縦に重ね、動きのある1本の青い縦縞に見えるデザインにしました。華紋の大半を青で統一し、アクセントに赤、紫、黄色の華紋を入れています。

    それぞれの華紋に使う色数を少なくして、濃淡で変化をつけることによって全体に纏まりが出るようにしています。ボリュームのあるデザインなので派手になりすぎないように再度の低い色を中心に配色しました。

「繋」
  • 田中 佑季
    京手描友禅専攻(工芸士3級)
    京都精華大学出身


    模様と大きさの異なる華紋を少しずつずらしながら縦に重ね、動きのある1本の青い縦縞に見えるデザインにしました。華紋の大半を青で統一し、アクセントに赤、紫、黄色の華紋を入れています。

    それぞれの華紋に使う色数を少なくして、濃淡で変化をつけることによって全体に纏まりが出るようにしています。ボリュームのあるデザインなので派手になりすぎないように再度の低い色を中心に配色しました。

在校生VOICE


入学1年目の今、頭の中は友禅一色。
創作のヒントを常に探しています。

在校生VOICE

TASKに入学する前はIT系の学校で学んでいました。しかし、自分が本当にやりたいことをやろうと、そこから180度転換。実家が宇治抹茶の生産者でお茶や着物が常に身近にあり、伝統工芸にはずっと興味がありました。今は好きな道に進んでいるという実感があり、毎日充実しています。休日には絵画展を見に行ったり、庭園を歩いて植物の写真を撮ったりして、いろいろなモノに触れ、創作のヒントを得ようとしています。また、これまでどんな柄があったのか、この柄とあの柄を組み合わせて新しい柄が作れないかと、友禅のことばかり考えています。将来は友禅んを職にしたいと考えており、洋服も好きなので友禅のシャツにチャレンジするなど、伝統も踏まえたうえで、新しい作品を生み出したいと思っています。

伊藤 隆弘工芸クリエイターコース1年生 / 京都府出身

教授・講師からのメッセージ

  • 新しい気持ちで作ったものは、作品に楽しさが出ます。また、それを身につける人も楽しい気分になります。友禅はただ美しいだけでなく、作者の思いが表現できます。これまでは友禅といえば着物や帯でしたが、これからは既成概念にとらわれることなく、友禅の技術を活かして、新しいものを作り、可能性を広げていけばよいと思います。その一方で友禅という伝統工芸を通して、手で作ることの良さ、そして日本の文化の良さを知り、広く伝えられる人になってほしいです。

  • 木戸 源生 講師(伝統工芸士・京の名工) 木戸 源生 講師(伝統工芸士・京の名工)