HOME > 学科・コース > 木工芸専攻

木工芸専攻 WOOD CRAFT

美しく細やかな京指物の技で生み出す家具やインテリア。

釘などを一切使わない指物の技が基本。ホゾと呼ばれる凸凹をつくり、それを組み合わせて板と板を接合します。1・2年次では、細やかな技が必要なさまざまな課題に取り組みながら、徐々にレベルアップ。3年次以降は京指物を中心に20種類以上もあるという組み手を使い分け、自由制作に挑戦する応用段階へ。木工家具・インテリアなど、学生の志向に合わせた個別指導も行います。

木工芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 京指物の組み手の1つである「蟻組」など、細やかな技を習得できる。

2 鋸、鉋、鑿などの手道具を使い、手作業の技術を基礎から学べる。

3 木材の調達、製材、デザイン、組立て、漆仕上げまでの工程を一貫して学ぶ。

目指せる主な職種

木工家 / 家具職人 / 椅子職人 / 指物師 / 学校教員 / 技術指導員 / 宮大工 /
体験教室インストラクター / 支援学校講師 / 家具デザイナー など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    組み手

    指物の技術でよく使われる組接ぎや留接ぎ、相欠接ぎ、ホゾ接ぎなど、代表的な組み手の基礎を身につけていきます。

    隙間なく、ピッタリ削るのが難しいので、刃物の研ぎ方も重要です。ものづくりにおいて、道具の手入れや仕込みの大切さも一緒に学びました。

    組み手
  • 組み手
  • 課題2
    甲盛蓋箱

    組み手の技を使って、小箱を制作します。甲盛という、箱の蓋の上を盛り上げる技術も身につけます。蓋の内側もそのカーブに合わせて削っていくのがポイントです。

    3面をつなげるので、より高度に。蓋のはまり具合にも気を配ります。最後に塗装する漆で木が広がる分も計算してつくります。

    甲盛蓋箱
  • 甲盛蓋箱
  • 課題3
    引き出し

    木と木の合わせ目に隙間がなく、スーッと入っていく精度の 高さがポイント。縦横はもちろん、奥行きまでぴったり合うように調整してつくります。

    引き出しの素材は柔らかい桐を使うので、余計に神経を使います。また、引き出しの底に空気の逃げ道を作ってあげることで、より開閉がスムーズになります。

    引き出し
  • 引き出し

卒業・修了制作
京都木工芸協同組合賞「拭漆茶箪笥」

「拭漆茶箪笥」
  • 松本 孝紘
    木工芸専攻(工芸士2級)
    三重高校(三重県)出身


    学生最後の制作になるので、大きい作品を拭漆で仕上げようと思い茶箪笥を作りました。

    天板は隠蟻組み、地板は包蟻組み、棚板や仕切板はほぞ組みの技法をそれぞれ用いています。引き違い戸と倹飩蓋は左右対称に、引き出しはバランスよく見えるように配置しました。空間部分は物を飾れるように段を設けました。

「拭漆茶箪笥」
  • 松本 孝紘
    木工芸専攻(工芸士2級)
    三重高校(三重県)出身


    学生最後の制作になるので、大きい作品を拭漆で仕上げようと思い茶箪笥を作りました。

    天板は隠蟻組み、地板は包蟻組み、棚板や仕切板はほぞ組みの技法をそれぞれ用いています。引き違い戸と倹飩蓋は左右対称に、引き出しはバランスよく見えるように配置しました。空間部分は物を飾れるように段を設けました。

在校生VOICE


身につけた手加工による技は、自分にしかできない「強み」になると思います。

在校生VOICE

中学校の時にタンス職人が紹介されているテレビを見て、木工芸の虜になりました。それ以来、ずっとその道を志しており、木工芸が学べるインテリアデザイン科のある高校に進学しました。TASKへは、ものづくりが学べる学校と聞いて、迷いなく入学を決めました。TASKは手加工が基本ですが、伝統工芸を残していくためには絶対に覚えておかないといけない技術で、簡単に身につくものではないのですが、これからの自分の強みにもなると思います。木工芸はわずかなズレが別のズレを呼ぶので、慎重に作業しなければならず、また木は一本一本色や太さも違い、これといったものに出会えないこともあります。難しいことはいくつもありますが、木にふれていると温かく心が落ち着きます。将来は伝統技法を活かして、木工芸の世界になかった新しいものを作り、みんなに驚きを与えたいです。

北野 仁一朗工芸コース3年生(工芸士3級)/ 工芸高校(大阪府)出身

教授・講師からのメッセージ

  • 手加工の技術をしっかりと習得し、将来役立つ感覚も育みます。

    機械加工が主流になった今日ですが、本専攻では4年間のほとんどを手加工の習得に費やします。手加工を身につけておけば、いつでも機械に行けるからです。また手加工を行うことで器用になり、細部に気を配らなければ仕事にならないという感覚が育ちます。それが将来職人になった時に役立つはずです。自由制作では自分で材料を購入し、自分で作った道具で作品を作ります。原木から作品になるまですべてを自分で行えるので、ものづくりが好きな人は、楽しく取り組むことができるでしょう。

  • 莊司 晶 講師 莊司 晶 講師

学生作品 イタリア出展
京都伝統工芸大学校奨励賞
「かみ棚」H420×W430×D230(mm)村田 和也 / 白根高校(山梨県)→ 青山製図専門学校出身

学生作品