HOME > 学科・コース > 木工芸専攻

木工芸専攻 WOOD CRAFT

美しく細やかな京指物の技で生み出す家具やインテリア。

釘などを一切使わない指物の技が基本。ホゾと呼ばれる凸凹をつくり、それを組み合わせて板と板を接合します。1・2年次では、細やかな技が必要なさまざまな課題に取り組みながら、徐々にレベルアップ。3年次以降は京指物を中心に20種類以上もあるという組み手を使い分け、自由制作に挑戦する応用段階へ。木工家具・インテリアなど、学生の志向に合わせた個別指導も行います。

木工芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 京指物の組み手の1つである「蟻組」など、細やかな技を習得できる。

2 鋸、鉋、鑿などの手道具を使い、手作業の技術を基礎から学べる。

3 木材の調達、製材、デザイン、組立て、漆仕上げまでの工程を一貫して学ぶ。

目指せる主な職種

木工家 / 家具職人 / 椅子職人 / 指物師 / 学校教員 / 技術指導員 / 宮大工 /
体験教室インストラクター / 支援学校講師 / 家具デザイナー など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    組み手

    指物の技術でよく使われる組接ぎや留接ぎ、相欠接ぎ、ホゾ接ぎなど、代表的な組み手の基礎を身につけていきます。

    隙間なく、ピッタリ削るのが難しいので、刃物の研ぎ方も重要です。ものづくりにおいて、道具の手入れや仕込みの大切さも一緒に学びました。

    組み手
  • 組み手
  • 課題2
    甲盛蓋箱

    組み手の技を使って、小箱を制作します。甲盛という、箱の蓋の上を盛り上げる技術も身につけます。蓋の内側もそのカーブに合わせて削っていくのがポイントです。

    3面をつなげるので、より高度に。蓋のはまり具合にも気を配ります。最後に塗装する漆で木が広がる分も計算してつくります。

    甲盛蓋箱
  • 甲盛蓋箱
  • 課題3
    引き出し

    木と木の合わせ目に隙間がなく、スーッと入っていく精度の 高さがポイント。縦横はもちろん、奥行きまでぴったり合うように調整してつくります。

    引き出しの素材は柔らかい桐を使うので、余計に神経を使います。また、引き出しの底に空気の逃げ道を作ってあげることで、より開閉がスムーズになります。

    引き出し
  • 引き出し

卒業・修了制作 「拭漆長椅子箪笥」H460×W1000×D400(mm)

「拭漆長椅子箪笥」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    人が上に乗っても壊れない、なおかつ箪笥としての機能もある「長椅子箪笥」を制作しました。両側から座れて収納機能もある生活に密着した家具です。

    設計段階で先生に何度もアドバイスをいただき、修正を加えながらやっと制作へと進んだので、愛着もひとしおです。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    パーツの一つひとつが大きくてどちらかといえば無骨な印象かもしれませんが、全体を支えているのは細かい部分なので、接合部や引き出しなどはきちんと収まるように緻密に計算して仕上げました。

在校生VOICE

在校生VOICE

指物で大切なのは「詰め」。日々、奥深さを感じています。

木工芸専攻で取り組む「指物」の技術は、緻密な計算と木の性質への精通が求められるもの。詰めを怠ると失敗するので慎重に取り組んでいます。今は作業の速度と精度を上げることを目標にしています。私は4年制希望なので、あと2年でさらに技術を磨き、将来は職人として活躍したいです。

青木 佑太木工芸専攻(工芸士3級)/ 藤枝東高校(静岡県)出身

教授・講師からのメッセージ

  • 細やかな組み手や手加工の技もまずは刃物の研ぎ方から始まります。基本を学ぶからこそ将来に活きてきます。

    ほかでは決して教えてもらえないような最高峰の技の数々。ここでは惜しげもなく披露され、基礎からの指導で身につけることができます。木の魅力を活かしながら、自分の好きな世界観を構築できるのが木工芸の魅力です。どんどん新しい作品に挑戦してください。

  • 上田 功 特任教授 上田 功 特任教授

学生作品 イタリア出展
京都伝統工芸大学校奨励賞
「かみ棚」H420×W430×D230(mm)村田 和也 / 白根高校(山梨県)→ 青山製図専門学校出身

学生作品