HOME > 学科・コース > 11種の専攻 > 木彫刻専攻

木彫刻専攻

木彫刻専攻 イメージ

立体を自在に創り出す技を身につけ、
感性を活かす創作へ。

木彫刻で学ぶ技法の基本。それは、和室の天井とふすまの間にある欄間彫刻のように、平面の中に立体感をもたせた彫り方です。立体的なつながりをもつ曲線が、多様な世界観を生み出します。2年次までは木や刃物の特性など一通りの基礎を習得。2年次後半から3年次以降は自由制作を中心に、伝統工芸に限らず、立体彫刻の様々な表現スタイルに挑みます。

最高峰の技術が身につく3つのポイント

  • 壊れにくい図案づくりと図案から
    立体をイメージできる力を学ぶ。
  • 100種類以上の道具を使い分け、
    手入れの仕方まで習得できる。
  • デザイン知識や感性の幅を広げ、
    木彫刻の新たな可能性を追求。

基本的な技術や知識、道具の手入れなど、課題を通して実践的に学べます。木彫刻の世界を楽しんでください。

基本的な技術や知識、道具の手入れなど、
課題を通して実践的に学べます。
木彫刻の世界を楽しんでください。

木彫刻に必要なこと。それは優しい思いやり。挑戦と好奇心。観察力と想像力。絵心と美的感覚。デザイン力…。鉛筆を刃物で削ったことがないような方でも大丈夫! 課題をこなしながら、木の性質や刃物の扱いに慣れていきます。ものづくりの喜びを味わいましょう。

渡邊 宗男 教授 (伝統工芸士・京の名工)

  • 木彫刻

課題にチャレンジ! こうして基礎技術が身につきました たくさんの課題の中から3つをピックアップ

在校生VOICE

在校生画像

現役で活躍する先生から学んだ木彫刻の技を活かして、いつかは新たなだんじりを生み出す職人に。

地元・愛媛で有名な西条祭りのだんじり彫刻から木彫刻に興味を持ちました。TASKでは刃物の研ぎ方や彫刻刀の使い方をはじめ、昔ながらの技術を現役で活躍中の先生から学べます。基礎がしっかり身につき、宮大工として就職も決まりました。TASKで学んだ技を活かして、いずれはだんじり作りにも関わりたいです。

宮本 翔太さん
■木彫刻専攻2年生(工芸士3級)
■東予高校 (愛媛県) 出身

  • 花菱

    課題1 花菱 イメージその2

    まずは彫刻刀の使い方を覚えるために、ごく簡単な模様のレリーフを彫っていきます。

    花菱というのは、この木に彫ってある模様の名前です。繊細な柄なので、木の目に沿って彫ることが大切。安定して同じ深さに彫れるよう、刃物もきちんと研いでおきます。

    課題1 花菱 イメージその1

  • 唐草

    課題2 唐草 イメージその2

    糸ノコで透かし、叩きノミで粗彫りします。その後仕上げていく過程の中で、奥行きを出したり、より高度なノミ使いを学んでいきます。

    出だしから終わりまで、線がずっとつながっていくような見せ方に気をつけて彫り進めます。葉っぱの流れるようなつながりがしっかり出ないと、形にならないからです。

    課題2 唐草 イメージその1

  • 急須

    課題3 丸額 イメージその2

    より一層、複雑さが増す造型なので、ノミや彫刻刀など道具の種類も使い方も多彩になります。

    もともとは薄い板なので、立体的に奥行きや高さを見せるのが難しいですね。透かし彫りの技法をマスターしながら、彩色がしやすい加工など、次の工程にも配慮します。

    課題3 丸額 イメージその1

  • 卒業・修了制作

    課題4 卒業・修了制作 イメージその2

    社寺の本などを見て、オリジナルの図案を描きました。牙と角、長い鼻を持つ空想上の動物「バク」を最上部に施し、波打つ天空に浮かぶようなイメージに仕上げています。

    バクなど飛び出すモチーフは単独で彫り、最終的にダボとボンドで貼り付けます。

    課題4 卒業・修了制作 イメージその1

    京都府仏具協同組合理事長賞
    「豪華絢爛」
    H1400×W2000×D800(mm)

学生作品

  • 木彫刻専攻 学生作品1

    京都商工会議所会頭賞
    「五龍神」
    H600×W660×D50(mm)
    安中 千弘 [4年生](工芸士2級)
    樟蔭高校(大阪府)出身

  • 木彫刻専攻 学生作品2

    一般財団法人京都伝統工芸
    産業支援センター理事長賞
    「雲上麒麟」
    H560×W730×D300(mm)
    浜家 美貴 [4年生](工芸士2級)
    岡山工業高校(岡山県)出身

スマートフォンサイトはこちら