HOME > 学科・コース > 和紙工芸専攻

和紙工芸専攻 JAPANESE PAPER CRAFT

素材作りから紙漉きや加工まで。すべてを学び、作品づくりに活かす。

「日本の手漉和紙技術」についてユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、世界からも注目される和紙。本校では、京都府の無形文化財「黒谷和紙」の技法が基本。黒谷和紙の里・綾部市にある「和紙工芸研修センター」で、原料づくりからスタート。楮という種類の木を育て、その木の皮を削り、煮て、繊維をたたきつぶして水に溶かし紙漉きの原料を作ることからはじめ、1年次は「紙漉き」の基礎を反復練習で身につけます。2年次はもみや染めなどの加工技術、3年次以降はさらに技術を深めた作品制作に取り組みます。

和紙工芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 素材作りから紙漉き、加工まで、和紙のすべてを学べる。

2 800年続く京都府の無形文化財である黒谷和紙の技法を学ぶ。

3 イタリア・フランスからも評価が高く、加工する素材の可能性も無限大。多種多様な技術を身につけることができる。

目指せる主な職種

和紙作家 / 手漉き職人 / 和紙デザイナー / 雑貨デザイナー / 照明デザイナー /
体験教室インストラクター / 支援学校講師 / 技術指導員 / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    原料づくり

    黒谷の和紙は主に楮を使います。木の皮を削り、大釜の湯に白皮にした楮の束を入れて煮ます。

    繊維を叩きつぶして水に溶かした中に、「とろろあおい」から抽出した粘りの強い液体を混ぜ入れて、紙漉きの原料の準備完了。私は最後に小さいゴミを拾う作業が好きです。

    原料づくり
  • 原料づくり
  • 課題2
    紙漉き

    「簀桁」という道具を使って原料をくみ取り、繊維がよくからまるよう四方にゆすります。

    なるべく厚みが均一になるように漉くのがポイント。厚さのムラがないほうが加工がしやすいからです。水は冷たいですが、手間をかけるほど愛着がわきます。

    紙漉き
  • 紙漉き
  • 課題3
    和紙加工

    手提げ袋やブックカバー、カード入れなど。和紙の強さと美しさを活かした多種多様な作品づくりができます。

    和紙の持つ温かみが、作品に豊かな表情を与えてくれます。柔軟性も和紙工芸の特長であり、魅力です。特殊なのりを表面に塗って、毛羽立ちを抑えることで、より表面がなめらかになります。

    和紙加工
  • 和紙加工

卒業・修了制作 「FRUITS」H900×W1500×D500(mm)

「FRUITS」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    手でちぎろうとしても破れない、和紙の強度を知ってもらうため、靴を作りました。スニーカーやブーツなど、計5足です。

    全て紙漉きした和紙から制作しました。ちなみに、仕上がりのサイズは私のサイズです(笑)。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    和紙の強度を伝えるには履ける靴を作らないと意味がないと思い、靴の構造から調べなおして、全てのパーツを和紙で作ることにしました。靴ひもも全て和紙で作られています。

在校生VOICE

在校生VOICE

2年間で知った和紙の素晴らしさをたくさんの人に伝えていきたい。

高校で立体造形を学び、材料づくりから関わりたくて和紙工芸専攻へ。1年次は綾部で紙漉きからスタート。簀桁が重くてくじけそうでしたが、自由に動かせるようになったときは嬉しかったです。今は漉いた和紙を使った作品づくりが中心。私自身がとりこになった和紙の魅力が伝わるようなものづくりをしたいです。

土肥 真綾和紙工芸専攻(工芸士3級)/ 札幌平岸高校(北海道)出身

教授・講師からのメッセージ

  • まずは原料作りからスタート。今、見直される和紙の魅力を一緒に楽しく学んでいきましょう。

    伝統的な和紙の原点を素材作りから学んでみませんか。紙漉きから多彩な加工技術まで、基本的な技術を身につけることができます。みなさんの自由な発想や個性をのびのびと活かし、今、あらためて見直される和紙の魅力や可能性を広げていってください。

  • 林 伸次 特任教授(京もの認定工芸士) 林 伸次 特任教授
    (京もの認定工芸士)

学生作品 一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会賞
「NO NAME」H1600×W1300×D300(mm)池内 健吾 / 実践学園高校(東京都)出身

学生作品