HOME > 学科・コース > 11種の専攻 > 金属工芸専攻

金属工芸専攻

金属工芸専攻 イメージ

正確な技と発想力を
磨き、金属を柔軟にデザインする。

溶かした金属を型に流して形づくる「鋳金(ちゅうきん)」。金属をたたいて形をつくる「鍛金(たんきん)」。金属の板に鏨(たがね)などで模様を彫る「彫金(ちょうきん)」など、金属工芸には様々な技法があります。その素材も金、銀、銅、鉄など多彩です。1年次に一通り幅広く学び、取り組むべき技法を見極めるため、各種技法を課題制作の中で習得。2年次後半から3年次以降は各自の方向性に沿って、自由制作に取り組みます。

最高峰の技術が身につく3つのポイント

  • 幅広い金属工芸の技法を習得。
    造形・デザイン力を同時に養う。
  • 各分野の専門家が揃った講師陣。
    追求したい技法を深く学べる。
  • 彫金や鍛金で使用する
    鏨(たがね)や当て金など道具作りも学ぶ。

まずは金属を好きになりましょう。そして、ものづくりの工程で得ていく貴重な経験が糧となるはずです。

まずは金属を好きになりましょう。
そして、ものづくりの工程で得ていく
貴重な経験が糧となるはずです。

TASKには、金属工芸の加工方法について幅広く学べる環境が整っています。私たちは学生が自主的に考え、調べ、行動し、制作できるように指導。そして、ものづくりの工程で得られる貴重な経験を糧として、制作した作品を発信、発表できる人材を育成していきます。

中村 佳永 講師

  • 金属工芸専攻

課題にチャレンジ! こうして基礎技術が身につきました たくさんの課題の中から3つをピックアップ

在校生VOICE

石橋 咲実

伝統の技法を使って金属を自由に変形させ
現代的な作品を作りたいです。

硬いイメージの金属ですが、実は叩いたり切ったりして形作りできる素材。その自由さに心惹かれてTASKへ。今までに苦労したのは「箱」の課題。難しくて失敗を重ねましたが先生の助言で乗り越えました。今は卒業制作の象嵌に没頭中。伝統的な技法や表現を現代的な作品へと昇華させられる作家になりたいです。

石橋 咲実さん
■金属工芸専攻2年生 (工芸士3級)
■名城大学附属高校 (愛知県) 出身

  • 定型板

    課題1 定型板 イメージその2

    銅の定型板を型通りに糸ノコで切り、ヤスリで削るなど、金属の扱いに慣れていく練習をしました。糸ノコをまっすぐに扱うことが大切。必要な所まで切ってしまわないように注意します。

    金属を見る角度や姿勢など、基礎的な細かいことを習得。銅は柔らかいので成形しやすく、今後一番使っていく素材です。

    課題1 定型板 イメージその1

  • 彫金

    課題2 彫金 イメージその2

    鏨を使って連続した模様や文字、線など様々な模様にチャレンジ。装飾を施していく彫金の基本的な技法をマスターします。

    実はまっすぐな線ほど難しくて、ごまかしがきかないので集中力がいるんですよ。最後の加飾の部分なので、より緊張感が高い作業です。

    課題2 彫金 イメージその1
    薄肉打出し課題

  • 鍛金

    課題3 鍛金 イメージその2

    1枚の金属板(直径約180mmの板)から作ります。板を当て金にしっかり当てて叩き、伸ばすなど、継ぎ目無しで成形していく技術です。叩いた時の音や感触にも気を配り、均一に叩くことがポイント。

    打ち鍛えることで金属の組織が密になります。思い通りのカタチに成形するために、当て金などの工具も作る作品に合わせて制作することも。

    課題3 鍛金 イメージその1
    H100×W80×D80(mm)

  • 卒業・修了制作

    課題4 卒業・修了制作 イメージその2

    幕末の彫金からヒントを得て、5枚1組で並べるとドーナツ形になる、扇型のお皿を制作しました。鍛金に象嵌(ぞうがん)という彫金の技法を使って絵柄を施し、薬品で金属を煮る「煮色仕上げ」という技法で着色しています。

    お皿本体は四分一という銀と銅の合金を使い、絵柄は銅と銀と赤銅と真鍮で描いています。

    課題4 卒業・修了制作 イメージその1

    一般社団法人
    伝統的工芸品産業振興協会賞
    「十二支図扇皿」
    H10×W350×D350(mm)

学生作品

  • 金属工芸専攻 学生作品1

    一般財団法人
    京都伝統工芸産業支援センター佳作
    「幻獣」
    H50×W140×D80(mm)
    浅野 夏実 [4年生](工芸士4級)
    秋田公立美術大学附属高等学院(秋田県)出身

  • 金属工芸専攻 学生作品2

    京都金属工芸協同組合理事長賞
    「aoi」
    H150×W400×D200(mm)
    戸田 有南 [3年生](工芸士3級)
    工芸高校(東京都) 出身

スマートフォンサイトはこちら