HOME > 学科・コース > 金属工芸専攻

金属工芸専攻 METAL CRAFT

正確な技と発想力を磨き、金属を柔軟にデザインする。

溶かした金属を型に流して形づくる「鋳金」。金属をたたいて形をつくる「鍛金」。金属の板に鏨などで模様を彫る「彫金」など、金属工芸にはさまざまな技法があります。その素材も金、銀、銅、鉄など多彩です。1年次に一通り幅広く学び、取り組むべき技法を見極めるため、各種技法を課題制作の中で習得。3年次以降は各自の方向性に沿って、自由制作に取り組みます。

金属工芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 幅広い金属工芸の技法を習得。造形・デザイン力も同時に養う。

2 各分野の専門家が揃った講師陣。追求したい技法を深く学べる。

3 彫金や鍛金で使用する鏨や当て金などの道具作りも学ぶ。

目指せる主な職種

彫金家 / 鎚起師 / 錺金具職人 / 鍛冶師 / 文化財修復士 /
体験教室インストラクター / 七宝デザイナー / アクセサリーデザイナー /
ジュエリーデザイナー / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    定型板

    銅の定型板を型通りに糸ノコで切り、ヤスリで削るなど、金属の扱いに慣れていく練習をしました。糸ノコをまっすぐに扱うことが大切。必要な所まで切ってしまわないように注意します。

    金属を見る角度や姿勢など、基礎的な細かいことを習得。銅は柔らかいので成形しやすく、今後一番使っていく素材です。

    定型板
  • 定型板
  • 課題2
    彫金

    鏨を使って連続した模様や文字、線など様々な模様にチャレンジ。装飾を施していく彫金の基本的な技法をマスターします。

    実はまっすぐな線ほど難しくて、ごまかしがきかないので集中力がいるんですよ。最後の加飾の部分なので、より緊張感が高い作業です。

    彫金
  • 彫金
  • 課題3
    鍛金

    1枚の金属板(直径約180mmの板)から作ります。板を当て金にしっかり当てて叩き、伸ばすなど、継ぎ目無しで成形していく技術です。叩いた時の音や感触にも気を配り、均一に叩くことがポイント。

    打ち鍛えることで金属の組織が密になります。思い通りのカタチに成形するために、当て金などの工具も作る作品に合わせて制作することも。使うことができます。

    鍛金
  • 鍛金

卒業・修了制作
京都金属工芸協同組合賞
「はな、ふくべ」

「はな、ふくべ」
  • 福山 葵
    金属工芸専攻(工芸士3級)
    港南造形高校(大阪府)出身


    明治時代の刀装金工に憧れて、この作品を作りました。花の構図は、華道の先生である祖母に生け花を教えてもらいながらデザインしました。花は純銀を、実や葉は四分一を削り崩したものをそれぞれ象嵌しています。

    白い大輪の花である夕顔。そしてその実である瓢(ふくべ)。私のこれからの歩みが、輝かしく咲き誇り、豊かに実るものでありますように。

「はな、ふくべ」
  • 福山 葵
    金属工芸専攻(工芸士3級)
    江南造形高校(大阪府)出身


    明治時代の刀装金工に憧れて、この作品を作りました。花の構図は、華道の先生である祖母に生け花を教えてもらいながらデザインしました。花は純銀を、実や葉は四分一を削り崩したものをそれぞれ象嵌しています。

    白い大輪の花である夕顔。そしてその実である瓢(ふくべ)。私のこれからの歩みが、輝かしく咲き誇り、豊かに実るものでありますように。

在校生VOICE


TASKでは数多くの作品を完成。
いつかそれらを集めて作品展を開催したいです。

在校生VOICE

高校時代に地元の熊本で肥後象嵌の修行を積んでいました。肥後象嵌は加飾部分なので、そのもっと前の工程を学ぼうとTASKへの入学を決めました。デッサンするところからはじめ、金属を溶かして板にし、叩いて形を作り、加飾して仕上げる。最初から最後まで自分の手で行うのはとても楽しかったです。作品はかなりの数を作り、公募展にも出展し、入選したものもあります。ビジネスアイテムをテーマにした作品展では、木工芸の学生とのコラボレーション作品も作りました。お互いの技を生かしてユニークなものができたと思います。作ったものがたくさんあるので、いつかはこれらを集めて作品展を開いてみたいです。卒業後は純金を加工する企業で勤めることが決まりましたが、純金で形を作ったことはないので、これは新たなチャレンジです。今後もさらに腕を磨き、自分の作品も作り続けていきます。

藤川 耕生工芸コース4年生(工芸士3級)/ 湧心館高校(熊本県)出身

教授・講師からのメッセージ

  • まずは金属を好きになりましょう。そして、ものづくりの工程で得ていく貴重な経験が糧となるはずです。

    数千年前の金属装飾が当時の姿のままで発見されるように、金属工芸は作品が何千年と残る可能性があります。また打てば鎚跡が残り、磨けば光る。自分の行ったことがすべて現れます。それを誰かが使い、受け継がれていくのは、非常に魅力的です。金属には金、銀、銅などいろいろあり、合金もできます。また加工法もたくさんあるので、自分なりの発想で自分らしい作品が作れます。本専攻で金属工芸の手加工の楽しさに触れ、その魅力を発信していく人になってください。

  • 中村 佳永 特任教授 中村 佳永 特任教授(京の名工)

学生作品 イタリア出展
京都金属工芸協同組合理事長賞
「桐花有線七宝香炉」φ80×H120(mm)西村 真衣(工芸士4級)/ 高知北高校(高知県)出身

学生作品