HOME > 学科・コース > 11種の専攻 > 蒔絵専攻

蒔絵専攻

蒔絵専攻 イメージ

金や銀、螺鈿(らでん)などで描かれる蒔絵。
その最高峰の技法を学べるのは本校だけ。

金や銀によって、華やかだが華美ではなく繊細に描かれる京蒔絵の世界。漆を含ませた筆で紋様を描き、そこに金粉や銀粉を蒔いて定着させる蒔絵の技法である「平蒔絵」、「研出(とぎだし)蒔絵」、「高蒔絵」や「青貝・螺鈿(らでん)」といった加飾技法を基礎から学びます。また、「塗り」や「呂色研ぎ」、「箔押し」の技法も課題を通して習得。オリジナルのデザインも作品世界に活かせます。

最高峰の技術が身につく3つのポイント

  • 蒔絵の各技法の習得をベースに、
    青貝・螺鈿(らでん)などの加飾技法を学ぶ。
  • 初歩的な図柄を描く練習を繰り返し、
    基本の技術やさまざまな表現方法を身につける。
  • 無限に広がる漆塗りの表現方法を習得し、
    個性を生かした作品づくりを追求。

自分のデザインを蒔絵で表現。漆芸に関する基礎技法が学べるので、将来の選択肢も広がります。

自分のデザインを蒔絵で表現。
漆芸に関する基礎技法が学べるので、
将来の選択肢も広がります。

筆の使い方から始めて、蒔絵の4大技法を基礎からマスター。塗りにしても、蒔絵にしても完成に向けて手掛ける工程の数が非常に多く、細部にも気を使います。最高峰の技術が学べるので、将来的にどの産地に行っても大丈夫。将来の選択肢も広がります。

長谷川 正行 講師

  • 蒔絵専攻

課題にチャレンジ! こうして基礎技術が身につきました たくさんの課題の中から3つをピックアップ

在校生VOICE

間部 ななせ

アイデアと工夫を凝らした制作、
仲間との蒔絵談義など、毎日楽しく充実しています。

美術館で目にした蒔絵。その美しさに感動し、どうやって作るのか知りたくてTASKへ。現在は卒業制作のほか自由作品など、同時進行でいろいろと作っています。私が好きなのは卵殻や金箔を使った作品。常に作品のヒントはないかアンテナを張っています。技法や絵柄など先生や友達と蒔絵談義するのも楽しいです。

間部 ななせさん
■蒔絵専攻4年生 (工芸士2級)
■知徳高校 (静岡県) 出身

  • 蒔絵手板1

    課題1 蒔絵手板1 イメージその2

    向かって左が網目紋様で曲線を、中央が紗綾形で直線を、右が青海波で線の太さを描き分ける練習をします。筆を手前に引いて描くという、独特の筆遣いに慣れていきます。

    初歩的な図柄ですが、最初はまっすぐな線を引くのも一苦労。小指を支えにして一点に固定。線の太さはもちろん、高さにも気をつけます。

    課題1 蒔絵手板1 イメージその1

  • 蒔絵手板2

    課題2 蒔絵手板2 イメージその2

    亀や梅、ブドウなどの紋様を描き、研出蒔絵や高蒔絵、高台寺蒔絵などの技法を学びます。研ぎや磨きなど工程も増えるので、より高度になります。

    高台寺蒔絵とは、表面に漆を塗り、金や銀などの梨地粉をまき、その上に漆を塗って粉が露出しない程度に研ぎ破る特殊な技法です。

    課題2 蒔絵手板2 イメージその1

  • 香合

    課題3 香合 イメージその2

    鮑貝や白蝶貝を貼り付けて紋様を表現する「青貝・螺鈿」。蒔絵も施し、中は金箔を押しています。

    青貝は薄いので、割れないように注意しながら切り取ります。仕上がりをイメージし、光り方の見極めも大切です。光の反射によって色が変わるので、蒔絵に合わせて効果的に使うことができます。

    課題3 香合 イメージその1

  • 卒業・修了制作

    課題4 卒業・修了制作 イメージその2

    高台寺蒔絵のもっとも有名な作品「秋草蒔絵歌書箪笥」を模倣した箪笥を制作しました。絵柄や引き出しの位置などを少し変えてオリジナリティを出しました。

    4年間の集大成なので高名な作品を基にして、高みを目指そうと思いました。

    課題4 卒業・修了制作 イメージその1

    イタリア出展
    京都市長賞
    「高台寺蒔絵“秋草蒔絵歌書箪笥”」
    H400×W320×D230(mm)

学生作品

  • 蒔絵専攻 学生作品1

    イタリア出展
    一般社団法人京都伝統工芸産業支援センター佳作
    「菓子器蒔絵変わり蓋“いろどり”」
    蓋:φ225×H225(mm) / 菓子器:φ250×H100(mm)
    大林 愛 [3年生](工芸士3級)
    高松工芸高校(香川県)出身

  • 蒔絵専攻 学生作品2

    京都府仏具協同組合理事長賞
    「蒔絵額“胡蝶・侘助”」
    H800×W1600×D40(mm)
    小林 一麻 [2年生](工芸士3級)
    東京藝術大学出身

スマートフォンサイトはこちら