HOME > 学科・コース > 11種の専攻 > 漆工芸専攻

漆工芸専攻

漆工芸専攻 イメージ

数ある技法の中でも最高峰のものに
取り組み、その奥深さを知る。

技術・技法の高さ、優雅で繊細かつ細やかな意匠で知られる京漆器。漆工芸専攻では「漆塗り」と「加飾」に大別し、2つを並行して学びます。「漆塗り」では、下地づくりに始まり、表面を滑らかにする研ぎ、上塗りなど複雑に分かれた工程を学び、「加飾」では京蒔絵と螺鈿(らでん)を学習。1年次後半から2年次以降は、自由に造形できる「脱乾漆」という技法を用いての自由制作がスタートします。

最高峰の技術が身につく3つのポイント

  • 京漆器の最高技法を学ぶことで、
    漆黒に輝く塗りを追求。
  • 下地づくりから研ぎ、上塗りなど
    30以上もある工程を丁寧に指導。
  • 脱乾漆など多彩な表現方法を学び、
    漆器の新しい可能性に挑戦できる。

即戦力となる工芸士の育成がモットー。歴史的にも古い漆工芸の魅力と受け継がれてきた伝統技法を教えます。

即戦力となる工芸士の育成がモットー。
歴史的にも古い漆工芸の魅力と
受け継がれてきた伝統技法を教えます。

茶道具から文化財修復まで活用範囲の広い漆工芸。どちらかといえば和のイメージが強い漆器ですが、モダンやアートを受け入れる柔軟性も魅力です。特にデザイン力も技術のうちと言われる現在。学生の自由な発想を大切に、作品にマッチした技法をアドバイスします。

大家 忠弘 教授 (伝統工芸士・京の名工)

  • 漆工芸専攻

課題にチャレンジ! こうして基礎技術が身につきました たくさんの課題の中から3つをピックアップ

在校生VOICE

平野 あかね

手間をかけるほど美しくなる
漆の繊細で奥深い魅力を職人として伝えていきたいです。

国際交流に関心があり「日本らしさ」は何かと考え、海外で“JAPAN”とも呼ばれる漆器にたどり着きました。難しいですがきめ細かな配慮が必要な下地塗りなど、手をかけるほど美しくなるところに惹かれています。漆職人として就職も決まったのでさらに究め、漆の魅力を世界へ発信していきたいです。

平野 あかねさん
■漆工芸専攻2年生
■鶴峯高校 (神奈川県) 出身

  • 手板

    課題1 手板 イメージその2

    30工程以上もある「本堅地呂色塗」という最高峰の技法を基本に学びます。これさえ覚えれば、どこの漆器の産地にいっても対応できるそうです。

    木の板に布をはり、下地づけをして、塗り、呂色研ぎでツヤのある仕上げを施します。コツコツと根気よく磨き上げます。

    課題1 手板 イメージその1

  • 蒔絵手板

    課題2 蒔絵手板 イメージその2

    青海波など日本の伝統模様をはじめ、桜や紅葉など蒔絵を書く基礎練習をします。平蒔絵や高蒔絵の技法も学びます。

    研ぎや磨きの工程数が増え、より高度な技法になるので集中して、筆先まで気持ちを込めます。直線と曲線を丁寧に描き分けながら、筆遣いにも慣れていきます。

    課題2 蒔絵手板 イメージその1

  • 香合

    課題3 香合 イメージその2

    香合とは香の入れ物。漆と麻布を用いて形づくった木地の上から、砥の粉と漆を混ぜた「錆」をつけていきます。

    錆びつけをして厚みを出していきます。ふたと身の合わせ方も重要なので、少しずつ加減を見ながら形づくっていきます。

    課題3 丸盛器 イメージその1

  • 卒業・修了制作

    課題4 卒業・修了制作 イメージその2

    発泡スチロールに和紙を貼り込んで型取りした下地に、布を貼り、漆を塗り重ねる作業を何度も繰り返して固めていきます。同じ作業の繰り返しなので忍耐力が必要です。

    下地塗りでは途中で和紙がはがれたり欠けたりと苦労がいっぱい。挫折を繰り返しながら形を作っていきました。

    課題4 卒業・修了制作 イメージその1

    「乾漆喰籠“つつむ”」
    H215×W360×D320(mm)

学生作品

  • 漆工芸専攻 学生作品1

    京都府知事賞
    「乾漆盛器“小夜時雨”」
    φ600×D60(mm)
    柳澤 里佳 [4年生](工芸士2級)
    常葉学園菊川高校(静岡県)出身

  • 漆工芸専攻 学生作品2

    イタリア出展
    京都漆器工芸協同組合理事長賞
    「酒器揃膳 揺らぎ」
    H220×W630×D630(mm)
    大成 竜司 [2年生](工芸士3級)
    日本大学第三高校(東京都)→日本大学出身

スマートフォンサイトはこちら