HOME > 学科・コース > 陶芸専攻

陶芸専攻 CERAMICS

陶芸の持つ魅力は繊細な美しさと“土”が持つ大地の温もり。

京焼・清水焼の技法を基礎とした実習カリキュラムです。1年次および2年次前半は、〈ろくろ成形〉と〈絵付け〉の両方を基本から学習。3年次からは、各自のテーマに沿って制作する応用段階となります。さらに釉薬の基本から応用までを学びます。ろくろを使わずに成形する「手びねり」や「たたら」など、本校ならではの総合的な陶芸の技を伝授。各分野の専門家がきめ細かな指導を行います。

陶芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 普段使いの“器”や“芸術作品”など、未経験でもろくろ成形と絵付けの両方を基本から学べる。

2 1人1台の電動ろくろに絵付け台、計6基の電気窯など、実習環境が充実。

3 一流の工芸士である講師から、釉薬(ゆうやく)も専門的に学べる。

目指せる主な職種

陶芸家 / ろくろ師 / 絵付師 / 陶器デザイナー / 陶芸教室インストラクター /
支援学校講師 / 技術指導員 / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    煎茶碗

    自然に広がる理にかなった形の煎茶碗。最初の課題として、道具作りから取り組みます。

    ろくろ成形の基本中の基本である「バイ挽き」。同じ大きさ、同じ形のものをたくさん作れるように練習します。なんとその数、1日に100個!ろくろの基本動作を体で覚えます。

    煎茶碗
  • 煎茶碗 道具を使う前に、「土もみ」と「土ころし」の基本をマスター!
  • 課題2
    一輪挿し

    丸みと高さのある一輪挿しは、徳利や花瓶などにつながる袋物の基本形です。スーッと引き上げてキレイに伸ばしていくイメージです。

    柄ゴテで下をふくらませて腰を張り、上は口をすぼめていきます。複雑な造形なので難易度が高い技法です。

    一輪挿し
  • 一輪挿し
  • 課題3
    急須

    胴体、蓋、持ち手、注ぎ口の4つのパーツを別々に制作する急須。日本独特の形で、さまざまな技法を駆使した最終課題です。

    単に作るだけでなく、接着して組み立てるなど、段取りを考える訓練にもなります。口の高さと胴体の高さ、取っ手の角度などバランスを取るのがポイントです。

    急須
  • 急須

卒業・修了制作 イタリア出展
「鉄砂唐草文酒器揃え」徳利 : φ60×H200(mm)猪口 : φ45×H80(mm)

「鉄砂唐草文酒器揃え」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    卒業制作は家族への感謝を込めて酒器セットにしました。私はお酒が飲めませんが(笑)、完成したら家族の団欒時に食卓に並べたいです!

    ちょっとおしゃれにしたくて、黒の生地に金で絵付けをしました。植物などを描いて、モダンな雰囲気に仕上がりました。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    黒の生地には通常は「天目」という釉薬を使いますが、この作品には「鉄砂(てっしゃ)」という釉薬を使っています。珍しい組み合わせなので色がきれいに出るかわかりませんでしたが、少し光りがかった黒を表現したくて挑戦しました。

在校生VOICE

在校生VOICE

先生の懇切丁寧な指導でろくろの腕も上達しました。

TASKのオープンキャンパスで先生がろくろを回す手つきに感動し陶芸専攻へ。入学直後はろくろがなかなか上手く扱えませんでしたが、いつも側に先生がいて、とても丁寧に指導してくれました。今では思うように形づくることができます。将来は、TASKの先生のような優しい指導者になりたいです。

若生 沙耶香陶芸専攻 (工芸士3級) / 尼崎稲園高校(兵庫県)出身
  • 課題1
    下絵付け

    素焼きをした器に絵付けをします。まったくのフリーハンドなので、最初はまっすぐな線をひくことも難しかったです。

    これは呉須という美しい発色の藍色の顔料です。ムラがないように色を統一し、最初は紙に図案を描き出して練習します。

    下絵付け
  • 下絵付け
  • 課題2
    上絵付け

    京焼・清水焼の特長は、鮮やかな色彩の紋様・モチーフにあります。和絵の具の場合、色を盛る、盛りながら伸ばしていくという感覚も学びます。

    花は花らしく、木は木らしい形、筆の強弱、色の濃淡…。さまざまな課題をこなしながら多彩な技法を身につけていきます。

    上絵付け
  • 上絵付け
  • 課題3
    上絵付け

    より複雑な絵付けに挑戦。焼き上がりをイメージしながら色をつくります。濃度・粘りなどの調整も重要です。洋絵の具の場合は、金・銀の使い方がポイント。豪華な感じに仕上がります。

    絵柄によって和・洋絵の具を使い分けます。最高の技法を教えていただいているので、どんな産地の焼き物であっても困りません。

    上絵付け
  • 上絵付け

卒業・修了制作 一般財団法人京都伝統工芸 産業支援センター佳作
「花蝶団欒」φ210×H20(mm)佐藤 美緒(陶芸士3級)/ 聖徳大学附属女子高校(千葉県)出身

「花蝶団欒」

在校生VOICE

在校生VOICE

紙で何度も練習して細い線も上手に描けるように。

もともと美術は好きでしたが陶器への絵付けはとても難しく、特に細い線を規則的に描くことに苦労しました。何度も紙に練習することで器に描けるようになっていきました。絵付けの装飾技術は、週ごとに新しいことを学べるので、レベルアップしていけて面白いです。

若生 沙耶香陶芸専攻 (工芸士3級) / 尼崎稲園高校(兵庫県)出身
  • 手びねり
    全国でもめずらしい、本格的な手びねり実習が可能です。

    手びねりをプロのレベルで学習できる学校はなかなか存在しません。ろくろにまさる形の自由度を誇る手びねりは、造形にこだわる学生たちをとりこにしています。本校ではろくろや絵付け同様に、本物の技を持つ匠を講師に迎え、さまざまな陶芸家の特別講義も実施。一流の技、作品に触れる機会を多彩にご用意しています。

    たたら、ひもづくり、多彩な手びねりの技も。

    手間と時間のかかる技法ですが、自由に形づくれるため、造形にこだわる人には魅力が大きい技法です。応用である2年次には、特化した教育システムも用意しています。

  • 手びねり
  • 焼成(しょうせい)
    焼き上げこそ、陶器の完成。6基の電気窯を用意。

    基本的に作品はすべて焼成することで完成とします。校内には合計6基の電気窯が用意され、「素焼き」や「本焼き」を通して、窯づめ実習、焼成実習などを体験。空気が入っていたり、器の厚みが違うことによって割れてしまうといった失敗を経験しながらも、学生にとって焼き上がりは作品のできあがり。毎回楽しみにしています。

    3、4年次にはさらにこだわった貴重な体験の数々。

    電気窯だけでなく、レンガで簡単な窯をつくり焼成する樂焼実習を行います。樂焼は現在の焼成条件や焼成技法の基礎を理解する上で重要であり、レンガで窯を組み立てる所から学びます。

    本格的な穴窯を使用した焼成実習。

    本校の教員と学生たちによるワークショップ形式で、約1年間かけて本格的な穴窯を制作。授業の焼成実習で使用することができます。

  • 焼成(しょうせい)
  • 釉薬(ゆうやく)
    陶芸の魅力の多くをつくり出す、釉薬の専用実習室を設けています。

    素焼きをした素地の上に液状のうわぐすりをかけて焼くことで、その表面にガラス質の皮膜をつくります。陶器は本来、土のざらざらとした手触りですが、つるっとした感触を連想するのは釉薬によるもの。美しい色合いを生み出すなど、陶芸の魅力を語る上で欠かせません。本校では専用実習室を設け、1年次から釉薬をかける練習を行います。

    3年次は釉薬の基礎を、4年次には日本の第一人者から実践的な指導を受けることができます。

    焼き上がる色合いは、着色剤となる鉄や銅の含有量で決まります。たくさんの色見本を作りながら試行錯誤を重ね、「自分の色」を追究する本格的な実習が可能です。

  • 釉薬(ゆうやく)

教授・講師からのメッセージ

  • ろくろと絵付けが同時に学べます。ものづくり(工芸)の喜びを味わい、就職や独立という夢をかなえましょう。

    陶芸の表現技法の中でも重要な〈ろくろ成形〉と〈絵付け〉。本来は全く別の技術ですが、本校ではその両方を同時にマスターできます。さらに〈釉薬〉についても本格的に学べるので、卒業後は即戦力として活躍できる力がつき、作家への近道にもなっています。

  • 工藤 良健 教授 工藤 良健 教授

学生作品 イタリア出展
京都伝統工芸協議会会長賞
「蓋碗セット −竹林風−」急須 : φ135×H150(mm)前茶碗 : φ90×H50(mm)朱 霊犀(陶芸士3級)/ 九州大学大学院出身

学生作品