HOME > 学科・コース > 11種の専攻 > 仏像彫刻専攻

仏像彫刻専攻

仏像彫刻専攻 イメージ

全国でも最高レベルの技術を誇る
京都の仏像彫刻を学ぶ。

実習授業は基礎から段階的に学習。徐々に技法をレベルアップさせながら、総合工芸である仏像彫刻の課題に取り組みます。2年次後半から3年次以降は、応用段階として学生が各自で彫刻したい仏像を決め、技法的にもより高度なものにチャレンジ。技術はもちろん、作り手としての姿勢や、長い歴史で培われた精神などをトータルに学び、身につけていきます。

最高峰の技術が身につく3つのポイント

  • 基本とする京都の仏像彫刻の技法は、
    全国でも最高レベル。
  • デッサンも学ぶことで、頭の中でも
    立体をイメージできるようになる。
  • 技術だけでなく、ものづくりに対する
    姿勢や精神も大切に取り組む。

クラスをひとつの大きな工房として捉え、挨拶や人間性も大切に指導。個性を活かした作品づくりを応援します。

クラスをひとつの大きな工房として捉え、
挨拶や人間性も大切に指導。
個性を活かした作品作りを応援します。

職人の仕事はいいものです。コツコツと頑張って作ったものが評価され、誰かを喜ばすことができます。それは個人プレーではなく、あくまでも、まわりの協力があってこそ。ただ単に技術を磨くだけでなく、多くのことを学びながら人間性にも磨きをかけましょう。

須藤 光昭 教授 (現代の名工・伝統工芸士・京の名工)

  • 仏像彫刻

課題にチャレンジ! こうして基礎技術が身につきました たくさんの課題の中から3つをピックアップ

在校生VOICE

在校生画像

職人の世界に憧れてTASKへ入学。
工房スタイルで学ぶ仏像彫刻専攻では、技術面も精神面も鍛えられます。

高校時代に訪れた松葉祭で根付づくりを体験し、仏像以外も学べるところに惹かれました。専攻は工房のようなスタイルで、礼儀やマナーも学ぶことができ、技術だけではなく、人間的にも成長できました。ひとつのことを極めるためには、続けていくことが大切だと思うので、いずれは工房に入って職人を目指したいです。

菊川 琴葉さん
■仏像彫刻専攻2年生 (工芸士3級)
■加古川南高校(兵庫県)出身

  • 地紋彫り

    課題1 地紋彫り イメージその2

    まずは彫刻刀に慣れることが目的です。さまざまな紋様を板に彫りながら、木の特性や刃物の使い方を習得していきます。

    こうした紋様は実際に仏像の台座などにも使われるので、すべての基本になります。すべて直線でできているので、まっすぐな線をひくというか、刃物で立て込む感じです。

    課題1 地紋彫り イメージその1

  • 手

    課題2 手 イメージその2

    実際に自分の手を見ながら彫り進めます。初めての立体なので、凸凹や丸みを出すためのカーブが難しかったです。

    自分の手に本当にそっくりなので、見比べるのも面白いですよ。私は彫りやすいようにあまり難しくない手の形にしました。台座の彫刻も練習で彫りました。

    課題2 手 イメージその1

  • 仏頭

    課題3 仏頭 イメージその2

    図書館で資料を探し見本となる仏像を自分で決めます。写真を見たり、実物を見に行ったりしながら、頭の中で立体のイメージを固めていきます。

    最初は粗彫りで。あまり取りすぎると修正がきかなくなるので、どれくらい残せばいいのか気をつけます。写真だけだと側面のつながりが難しいですね。難しい部分は先生にアドバイスをもらいます。

    課題3 仏頭 イメージその1

  • 卒業・修了制作

    課題4 卒業・修了制作 イメージその2

    図書館でいろいろな資料を見ていたとき、興福寺の弥勒菩薩を見つけました。弥勒菩薩の表情や鎮座されている姿が美しかったので卒業制作に選びました。

    最初は立体のイメージを掴むことに苦労しましたが、資料をしっかり見て、全体のバランスや彫り進めていく順番を考えながら作っていきました。

    課題4 卒業・修了制作 イメージその1

    「弥勒菩薩像」
    H650×W220×D220(mm)

学生作品

  • 仏像彫刻専攻 学生作品1

    イタリア出展
    京都府仏具協同組合理事長賞
    イタリア総領事賞
    「金剛力士像阿形吽形」
    H500×W750×D300(mm)
    村上 弘樹 [3年生]
    関西大学第一高校(大阪府)出身

  • 仏像彫刻専攻 学生作品2

    一般財団法人
    伝統的工芸品産業振興協会賞
    「釈迦如来坐像、持国天、多聞天」
    多聞天(左):H1130×W630×D370(mm)
    釈迦如来坐像(中央):H1180×W630×D630(mm)
    持国天(右):H1180×W630×D370(mm)
    トゥクテン ワンチュク [3年生]
    ブータン 出身

スマートフォンサイトはこちら