HOME > 学科・コース > 仏像彫刻専攻

仏像彫刻専攻 BUDDHA ENGRAVING

全国でも最高レベルの技術を誇る京都の仏像彫刻を学ぶ。

実習授業は基礎から段階的に学習。徐々に技法をレベルアップさせながら、総合工芸である仏像彫刻の課題に取り組みます。3年次以降は、応用段階として学生が各自で彫刻したい仏像を決め、技法的にもより高度なものにチャレンジ。技術はもちろん、作り手としての姿勢や、長い歴史で培われた精神などをトータルに学び、身につけていきます。

仏像彫刻専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 基本とする京都の仏像彫刻の技法は、全国でも最高レベル。

2 デッサンも学ぶことで、頭の中でも立体をイメージできるようになる。

3 技術だけでなく、ものづくりに対する姿勢や精神も大切に取り組む。

目指せる主な職種

仏像彫刻師 / 彫刻家 / 仏具職人 / 文化財修復士 / 体験教室インストラクター /
支援学校講師 / 技術指導員 / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    地紋彫り

    まずは彫刻刀に慣れることが目的です。さまざまな紋様を板に彫りながら、木の特性や刃物の使い方を習得していきます。

    こうした紋様は実際に仏像の台座などにも使われるので、すべての基本になります。すべて直線でできているので、まっすぐな線をひくというよりも、刃物で立て込む感じです。

    地紋彫り
  • 地紋彫り
  • 課題2

    実際に自分の手を見ながら彫り進めます。初めての立体なので、凸凹や丸みを出すためのカーブが難しかったです。

    自分の手に本当にそっくりなので、見比べるのも面白いですよ。私は彫りやすいようにあまり難しくない手の形にしました。台座の彫刻も練習で彫りました。

    手
  • 手
  • 課題3
    仏頭

    図書館で資料を探し見本となる仏像を自分で決めます。写真を見たり、実物を見に行ったりしながら、頭の中で立体のイメージを固めていきます。

    最初は粗彫りで。あまり取りすぎると修正がきかなくなるので、どれくらい残せばいいのか気をつけます。写真だけだと側面のつながりが難しいですね。難しい部分は先生にアドバイスをもらいます。

    仏頭
  • 仏頭

卒業・修了制作 イタリア出展
一般財団法人京都伝統工芸 産業支援センター佳作
「十一面観音菩薩像」H520×W250×D220(mm)

「十一面観音菩薩像」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    大報恩寺の千本釈迦堂に鎮座されている六観音の一つ「十一面観音菩薩像」を彫りました。11の顔で全方向を見守る姿がとても美しく挑戦したいと思いました。

    4年間の鍛錬の成果なので一刀ごとに想いがあります。4月頃から取り組み、じっくりと時間をかけて制作してきました。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    十一面観音の頭上にある11の顔は全て一つの木の塊から彫り出しています。それぞれ表情にも違いがあり、繊細で細やかな表現が求められるので、集中力が必要でした。途中、彫刻刀の刃が何度も欠け、その度に刃を研ぎ直しながら仕上げることができました。

在校生VOICE

在校生VOICE

仏様を彫るのは責任重大ですが様々なことを学べます。

興福寺の仁王像に衝撃を受け、仏像に興味を抱き入学しました。印象的な実習は大きな仏像を数人で彫る「共同制作」。周囲とのペースを乱さず「あうんの呼吸」で動くのは難しく、仏様を彫るという尊い仕事への責任の大きさを感じました。卒業後も彫刻を続け、新たなことにも挑戦したいです。

山野 史裕仏像彫刻専攻(工芸士2級) / 広島工業大学高校(広島県)出身

教授・講師からのメッセージ

  • クラスをひとつの大きな工房として捉え、挨拶や人間性も大切に指導。個性を活かした作品作りを応援します。

    職人の仕事はいいものです。コツコツと頑張って作ったものが評価され、誰かを喜ばせることができます。それは個人プレーではなく、あくまでも、まわりの協力があってこそ。ただ単に技術を磨くだけでなく、多くのことを学びながら人間性にも磨きをかけましょう。

  • 須藤 光昭 教授 (現代の名工・伝統工芸士・京の名工) 須藤 光昭 教授
    (現代の名工・伝統工芸士・京の名工)

学生作品 京都府仏具協同組合理事長賞
「四天王立像」H690×W310×D190(mm)村上 弘樹(工芸士2級)/ 関西大学第一高校(大阪府)出身

学生作品