HOME > 学科・コース > 仏像彫刻専攻

仏像彫刻専攻 BUDDHA ENGRAVING

全国でも最高レベルの技術を誇る京都の仏像彫刻を学ぶ。

実習授業は基礎から段階的に学習。徐々に技法をレベルアップさせながら、総合工芸である仏像彫刻の課題に取り組みます。3年次以降は、応用段階として学生が各自で彫刻したい仏像を決め、技法的にもより高度なものにチャレンジ。技術はもちろん、作り手としての姿勢や、長い歴史で培われた精神などをトータルに学び、身につけていきます。

仏像彫刻専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 全国でも最高レベルである京都の仏像彫刻技法を学ぶ。

2 デッサンにも力を入れ、頭の中で立体をイメージできるようにする。

3 技術だけでなく、ものづくりに対する姿勢や精神を理解する。

目指せる主な職種

仏像彫刻師 / 彫刻家 / 仏具職人 / 文化財修復士 / 体験教室インストラクター /
支援学校講師 / 技術指導員 / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    地紋彫り

    まずは彫刻刀に慣れることが目的です。さまざまな紋様を板に彫りながら、木の特性や刃物の使い方を習得していきます。

    こうした紋様は実際に仏像の台座などにも使われるので、すべての基本になります。すべて直線でできているので、まっすぐな線をひくというよりも、刃物で立て込む感じです。

    地紋彫り
  • 地紋彫り
  • 課題2

    実際に自分の手を見ながら彫り進めます。初めての立体なので、凸凹や丸みを出すためのカーブが難しかったです。

    自分の手に本当にそっくりなので、見比べるのも面白いですよ。私は彫りやすいようにあまり難しくない手の形にしました。台座の彫刻も練習で彫りました。

    手
  • 手
  • 課題3
    仏頭

    図書館で資料を探し見本となる仏像を自分で決めます。写真を見たり、実物を見に行ったりしながら、頭の中で立体のイメージを固めていきます。

    最初は粗彫りで。あまり取りすぎると修正がきかなくなるので、どれくらい残せばいいのか気をつけます。写真だけだと側面のつながりが難しいですね。難しい部分は先生にアドバイスをもらいます。

    仏頭
  • 仏頭

卒業・修了制作
京都府仏具協同組合賞「不動明王二童子像」

「不動明王二童子像」
  • 田杭 和憲
    仏像彫刻専攻(工芸士3級)
    日本工学院専門学校出身


    運慶によって彫られた不動明王がモデルです。神奈川県浄楽寺の仏像で、写実的で力強い姿に魅かれて彫りたいと思いました。

    脇侍は同じく運慶作の八大童子から制咜伽童子と矜羯羅童子をモデルに彫りました。躍動感のある姿を表現したいと思い緊張して制作に臨みました。その過程で、光背の火炎を彫るのに苦戦していた時、先生が修復作業で使った火炎光背の資料を持ってきてくださり、とても勉強になりました。おかげで迫力のある火炎になったと思います。


「不動明王二童子像」
  • 田杭 和憲
    仏像彫刻専攻(工芸士3級)
    日本工学院専門学校出身


    運慶によって彫られた不動明王がモデルです。神奈川県浄楽寺の仏像で、写実的で力強い姿に魅かれて彫りたいと思いました。

    脇侍は同じく運慶作の八大童子から制咜伽童子と矜羯羅童子をモデルに彫りました。躍動感のある姿を表現したいと思い緊張して制作に臨みました。その過程で、光背の火炎を彫るのに苦戦していた時、先生が修復作業で使った火炎光背の資料を持ってきてくださり、とても勉強になりました。おかげで迫力のある火炎になったと思います。


在校生VOICE


仏像は神聖で特別なもの。だから無欲無心で彫り進めます。

在校生VOICE

中学校の修学旅行で三十三間堂を訪れ、仏像が好きになりました。TASKでは先生に手本を見せていただき、それを真似て自分が彫るということを繰り返すので、二人三脚で作業をこなしながら、丁寧に指導していただけたと思います。また、仲間に相談したり、共同制作に参加するなど、学校という環境を大切にしながら学んでいました。仏像はパーツが多く、工程も多いので最後に仏像本体と光背、台座がひとつになり、作品として完成したときは非常に感激します。仏像は神聖で特別なものなので、彫る時は無心になり、あまり欲を出さず、我を入れないことを心がけていました。仏像彫刻を学ぶことで、これまで見るものだった仏像が作るものになり、改めて先人たちの技術の高さを知りました。これからも多くのことを学び、いつか自分の工房を持ちたいと思います。

増田 慶太工芸コース4年生(工芸士2級) / 静岡北高校(静岡県)出身

教授・講師からのメッセージ

  • 実際にお寺へ仏像を納めるプロジェクト活動にも積極的に参加しています。

    仏像はゆがみや傾きが許されず、全体のバランスが重要で、また表情も独特です。制作は決して簡単とは言えません。しかし、何もない四角い材木から仏像を生み出していく作業はとても心が落ち着きますし、彫り進めていくごとに姿が現れていく喜びもあります。本専攻では実際にお寺などに仏像を納めるプロジェクト活動も積極的に実施し、共同でひとつの仏像彫刻に取り組むなどの楽しみもあります。仏像が好きな方ならきっと充実した学生生活を送れると思います。

  • 藤原勝彦 教授 藤原 勝彦 講師

学生作品 京都府仏具協同組合理事長賞
「四天王立像」H690×W310×D190(mm)村上 弘樹(工芸士2級)/ 関西大学第一高校(大阪府)出身

学生作品