HOME > 学科・コース > 竹工芸専攻

竹工芸専攻 BAMBOO CRAFT

暮らしに身近な竹工芸を洗練された技と感性で創作する。

弾力に富み、強度があり、乾湿にも強い竹。日本でも古くから利用されてきた素材で、バッグやファッションなどに応用できる竹の可能性は無限大。竹を細く割り、それを編んでカゴなどを作る「編組」、竹そのものの造形や肌合いを活かして制作する「丸竹加工」という2つの技法両方を学べるのは全国でも本校だけ。1・2年次は、これらを並行して学び、3年次以降は各自のアイデア・発想で制作する自由制作に進みます。2つの技法を学べるので就職先の幅が広がります。

竹工芸専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 六ツ目編み、麻編み、網代編みなど、多種多彩な「編組」の技術を習得。

2 素材の形を活かす「丸竹加工」では、花器や茶道具、竹垣などを制作。

3 校内の演習林での実地研修を行い、素材の特性を知る。

目指せる主な職種

竹工芸作家 / 竹細工職人 / 竹材加工 / 雑貨デザイナー / 照明デザイナー /
体験教室インストラクター / 支援学校講師 / 技術指導員 / 学校教員 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    六ツ目編かご

    竹を編み上げてカゴなどを作る「編組」は材料作りからスタート。むらなく剥ぐことが大切です。

    六ツ目編かご
  • 六ツ目編かご
  • 課題2
    網代バッグ

    高度な編みの手法。作り手の感覚を活かしながら、いろいろな編み方を組み合わせて作品を作ります。

    網代バッグ
  • 網代バッグ
  • 課題3
    花かご

    網代底から立ち上げ、松葉編み、縄目編みなど習得した編み方を駆使。ささら縁でなめらかな曲線に。

    花かご
  • 花かご

卒業・修了制作 「暮らし使える竹工芸」ペットボトルケース : φ90×H180(mm)財布 : H120×W200×D50(mm)スマホケース : H130×W90×D35(mm)

「暮らし使える竹工芸」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    軽くて持ち運びやすい竹の特性を活かし、お出かけに使える3点セットを制作しました。

    ペットボトル入れ、財布、スマホケースと、それぞれ使い方や大きさ、デザインも違うので、それぞれに合わせて材料となる竹の太さや編み地の厚みを調節しました。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    学んだことの集大成となるので、教わった編み方や形をできる限り取り入れたいと思いました。網代が特に好きなのですが、他にも菊底など様々な技法を取り入れています。

在校生VOICE

在校生VOICE

竹を割るところからスタート。先生の実演を見ながら学べます。

入学後すぐは、材料となる竹を割るところから始めます。できるようになるまで私は1ヶ月ほどかかりました。編組や丸竹加工に関しては、先生が編みながら教えてくれるので、手つきを見ながら覚えられたのがよかったです。今は色々な編み方や形に挑戦しています。

濵口 真樹竹工芸専攻 / 大阪青凌高校(大阪府)出身
  • 課題1
    花器

    花器などの筒物は小刀の切れ味が大切。シンプルすぎて隠せないので、寸法や形も丁寧に確認します。

    花器
  • 花器
  • 課題2
    竹垣

    竹を割り、曲げるなど力がいる竹垣。通称「男結び」や「花結び」でゆるみがなく、美しく結びます。

    竹垣
  • 竹垣
  • 課題3
    香合

    竹の根っこの部分を削って作る「合わせ物」。ピッタリと合うようにしっかり削り、漆を塗って仕上げます。

    香合
  • 香合

教授・講師からのメッセージ

  • 竹という素材の特長を深く理解。正しい道具の使い方と基本を身につけながら、ものづくりの楽しさを追求しましょう。

    竹細工はまず素材となる竹を吟味。自分の作りたいものに合わせて竹を割るなど、材料作りからスタートします。どれくらいの竹幅や厚みが必要なのかを正確に判断できる感覚やセンスが作品の良し悪しにも直結。そのノウハウを指導し、本格的な工芸士を育てます。

  • 石田 正一 教授(京の名工) 石田 正一 教授(京の名工)

学生作品 イタリア出展
京都竹材商業協同組合理事長賞
「連続桝網代編茶籠」H170×W200×D165(mm)神内 麻友子 / 香川中央高校(香川県)出身

学生作品