HOME > 進路・就職 > TSUNAGUプロジェクト

TSUNAGUプロジェクト

京都府など行政のバックアップを受け、「産・官・学」の密なる連携が特長の本校。企業やデザイン業界の協力により、学生の発想を商品デザインに活かし、新しい製品開発の検討を行うワークショップやコラボレーションなど、さまざまな共同プロジェクトが活発に行われています。

  • 1.江戸のピクニックデザインプロジェクト

    四季折々の江戸の弁当箱を現代の感覚で再現。

    四季折々の江戸の弁当箱を現代の感覚で。

    江戸時代に花見や紅葉狩りで使われた弁当箱を京都の伝統工芸の技術により現代風にアレンジして復活させるプロジェクトで、本学院3校の学生24名が春・夏・秋・冬の4チームに分かれ、リサーチ活動、コンセプトメイキング、デザイン、プレゼンテーションを経て制作し、2015年6月に完成しました。発表会にはファッションデザイナーのコシノジュンコ先生にもお越しいただき、作品の完成度に高い評価をしていただきました。

    在校生VOICE

    消費者ニーズを汲んだものづくりの一連の過程を知ることができました。

    鳥居 瑛暉さん

    私達の班は「秋」をテーマにお月見を楽しむための弁当箱を制作しました。まずターゲット層を絞りどんなニーズがあるかをリサーチするところからスタート。見た目のカッコ良さだけではなく消費者ニーズを考えたものづくりが求められることや、その一連の過程を知ることができたのは貴重な体験でした。同じ班にはTASK以外の学生もおり、漆について教える機会もあったことから、将来は漆の良さを広める仕事がしたいと思うようになりました。

    鳥居 瑛暉さん

    蒔絵専攻 2年生(工芸士3級)  西尾高校(愛知県)出身

  • 2.コシノジュンコ先生とコラボ

    世界的なファッションデザイナー、
    コシノジュンコ先生とのコラボレーション。

    世界的なファッションデザイナー、コシノジュンコ先生とのコラボレーション。

    2012年10月、コシノジュンコ先生が来校。学生の工芸実習を見学された際、伝統工芸の本物の技を学べる本校に興味を持っていただいたことがきっかけとなり、コシノジュンコ先生とのコラボレーションが実現。日本のおもてなしをグランドテーマに、本校生たちがコシノ先生の指導を受け、陶芸や金属、木工など各種の工芸作品制作に挑戦。出来上がった作品は、ホテル「ハイアットリージェンシー京都」内のセレクトショップ「京」で展示販売しました。世界で活躍し、ファッションの目利きである、コシノ先生の厳しい要望にこたえて、学生たちはものづくりの喜び、商品価値を制作物に添える難しさを学習するなど貴重な体験となっています。

    琳派モチーフの木製団扇
    琳派モチーフの木製団扇を制作し、
    琳派400年のイベントで発表・販売。

    デザイナー・コシノジュンコ先生のデザイン指導により、蒔絵専攻の学生たちが木製団扇に琳派をイメージした蒔絵や金箔張りによる装飾を施し商品化。開発した団扇は、琳派400年記念イベントであるコシノジュンコ先生のファションショーで発表。販売も実現しました。

  • 3.穴窯プロジェクト

    市民との交流とものづくりの楽しさを広める穴窯プロジェクト。

    京都島屋で本校生が制作した作品を販売する「こどものおわん」プロジェクト。

    京都府と南丹市、そして本学院の3者により、府民の森「穴窯プロジェクト」が立ち上がりました。「ものづくりのまち南丹市」として、ものづくりに関わる市民、教育機関と共に陶芸の穴窯を作り、地域振興を行う企画として、本校とグループ校の京都美術工芸大学によるワークショップ形式で実施。完成後は、学生達の実践教育の場として活用されるだけでなく、陶器づくりのワークショップなどを通して、ものづくりの楽しさを知っていただくための施設となる予定です。

  • 4.お地蔵さんプロジェクト

    被災地復興へ願いを込めて手彫りの「お地蔵さん」を贈る
    「お地蔵さん」プロジェクトに参加。

    京都府宮津市の依頼による「細川ガラシャ」の木像制作。

    宗教哲学者の山折哲雄先生とイラストレーター永田萠さんによる、東日本大震災で被災した人々や支援に関わった人の想いが綴られた絵本「おじぞうさんはいつでも」。その出版を記念して、被災した各市町村にお地蔵さんを贈る「お地蔵さんプロジェクト」に、TASKの石彫刻専攻の学生達が協力させていただくことになりました。鎮魂の想いと復興への願いを込め、学生達は丹念にお地蔵さんを彫り上げています。お地蔵さんの柔和な表情に込められた学生達の想いと共に2016年に宮城県南沿岸エリアの「千年希望の丘」に奉納されます。

  • 5.井筒八ッ橋本舗とのワークショップ

    京都の老舗和菓子メーカー
    「井筒八ッ橋本舗」とのワークショップ

    京都の老舗和菓子メーカー「株式会社 井筒八ッ橋本舗」とのワークショップ

    京都府の協力のもと、井筒八ッ橋本舗が製造販売するお菓子の商品パッケージや店頭ディスプレイを提案する「井筒八ッ橋本舗ワークショップ」を実施。最終発表会では、本校から4チーム、グループ校の京都美術工芸大学から3チームが参加し、学生らしい新たな視点からの提案を競い合いました。審査の結果、本校生作品が最優秀賞と優秀賞を受賞し、作品は井筒八ッ橋本舗の京極一番街店で実際に展示、ディスプレイされました。

スマートフォンサイトはこちら