祇園祭・鈴鹿山 2022


7月24日に行われた祇園祭後祭の山鉾巡行に、TASK生12名が、鈴鹿山の曳き手として参加しました。

7月24日(日)、日本三大祭りの一つである祇園祭後祭の山鉾巡行が京都市中心部で行われ、TASK生12名、KASD生2名、KYOBI生10名の計24名が「鈴鹿山」のかき手として参加しました。

二本松学院付属施設の「京都伝統工芸館」は山鉾町の一つ、鈴鹿山の町内にあるため、毎年学生が鈴鹿山維持会の一員として祇園祭に参加しています。
コロナ渦にあって、今回は3年ぶりの開催です。
当日は猛暑の中、多くの観衆が見物に訪れ、くじ改めや辻回しの度に大きな拍手と歓声が沸き起こっていました。

ご参加いただいた学生さん方およびスタッフの皆さま、
ほんとうにありがとうございました。
7月24日(日)、日本三大祭りの一つである祇園祭後祭の山鉾巡行が京都市中心部で行われ、TASK生12名、KASD生2名、KYOBI生10名の計24名が「鈴鹿山」のかき手として参加しました。

二本松学院付属施設の「京都伝統工芸館」は山鉾町の一つ、鈴鹿山の町内にあるため、毎年学生が鈴鹿山維持会の一員として祇園祭に参加しています。
コロナ渦にあって、今回は3年ぶりの開催です。
当日は猛暑の中、多くの観衆が見物に訪れ、くじ改めや辻回しの度に大きな拍手と歓声が沸き起こっていました。

ご参加いただいた学生さん方およびスタッフの皆さま、
ほんとうにありがとうございました。



くじ改めや辻回しの様子など、以下の動画にてご覧いただけます。


PHOTO ALBUM




資料請求
オープンキャンパス