ICOM KYOTO 2019 京都伝統工芸大学校見学ツアー


ICOM(International Council of Museums:国際博物館会議)は、ミュージアムの進歩発展を目的とした世界で唯一かつ最大の国際的非政府組織です。1946年に創設され、2019年には世界138の国と地域から44,500人のミュージアム関係者が加入しており、ICOM全ての委員会が一堂に会する大会が3年に一度、世界のどこかで開催されます。
25回目となるこの大会、今回は京都で開催されました。

大会のイベントの一つとしまして、9月6日(金)にエクスカーションが行われます。
京都の自然や歴史、文化と社会資本の果たす役割などを学び考え、理解を深めていただく「体験型の見学会」。
その、50以上用意されたコースには、園部・美山を巡るルートもあります。
園部・美山ルートには京都伝統工芸大学校への見学ツアーも含まれており、本日、総勢39名の方が本校へ見学に来られました。






TASK の見学を終えられたご一行は、この後、美山に移動されて、かやぶき民家河鹿荘にて昼食のご予定です。
どうぞ楽しい旅をご満喫ください!




TASK の見学を終えられたご一行は、この後、美山に移動されて、かやぶき民家河鹿荘にて昼食のご予定です。
どうぞ楽しい旅をご満喫ください!




資料請求
オープンキャンパス