特別授業「経営学」
「工芸産業の現状とこれから」


今回の特別授業「経営学」の講師は、一般社団法人「日本工芸産地協会」の理事をされている、原岡知宏氏です。
原岡氏は、工芸品の製造小売業「中川政七商店」の取締役も務められておられます。
講義では、工芸産業についての現状や、工芸製品メーカーとしての経営戦略について、「中川政七商店」をはじめ、さまざまな店舗経営の例や商品開発の必要性などを、具体的な数字を挙げて、分かりやすくお話いただきました。
これは、伝統工芸の技術を本筋として学んでいる学生たちにとっては、製品作りの「その先の話」ですが、現実に「工芸」を生業として生活していく為には、欠かせない要素でもあります。
今回の特別授業「経営学」の講師は、一般社団法人「日本工芸産地協会」の理事をされている、原岡知宏氏です。
原岡氏は、工芸品の製造小売業「中川政七商店」の取締役も務められておられます。
講義では、工芸産業についての現状や、工芸製品メーカーとしての経営戦略について、「中川政七商店」をはじめ、さまざまな店舗経営の例や商品開発の必要性などを、具体的な数字を挙げて、分かりやすくお話いただきました。
これは、伝統工芸の技術を本筋として学んでいる学生たちにとっては、製品作りの「その先の話」ですが、現実に「工芸」を生業として生活していく為には、欠かせない要素でもあります。



現在の、工芸を取り巻く趨勢は、必ずしも芳しいものとは言えません。
それはもちろん、TASKで学んでいる「伝統工芸」にも言えることなのですが、そんな中にあって、原岡氏の携わっておられる「中川政七商店」は「日本の工芸を元気にする!」をビジョンとして、確実に成長を遂げておられ、さらに「中川政七商店」以外にも、成長し続けている企業が多くあるのも事実です。
今回の授業でその理由と経営戦略を詳しくケーススタディすることによって、工芸の未来が明確に見えてきます。
これからの工芸のために、何をなすべきか。
それをはっきりと感じ取ることが、伝統工芸を学んでいく意欲に大きく影響していくと思います。
そして、自らの将来のために今とこれからをどう生きるか。
それらをリアルに考えさせてくれる、たいへん有意義な授業となりました。
現在の、工芸を取り巻く趨勢は、必ずしも芳しいものとは言えません。
それはもちろん、TASKで学んでいる「伝統工芸」にも言えることなのですが、そんな中にあって、原岡氏の携わっておられる「中川政七商店」は「日本の工芸を元気にする!」をビジョンとして、確実に成長を遂げておられ、さらに「中川政七商店」以外にも、成長し続けている企業が多くあるのも事実です。
今回の授業でその理由と経営戦略を詳しくケーススタディすることによって、工芸の未来が明確に見えてきます。
これからの工芸のために、何をなすべきか。
それをはっきりと感じ取ることが、伝統工芸を学んでいく意欲に大きく影響していくと思います。
そして、自らの将来のために今とこれからをどう生きるか。
それらをリアルに考えさせてくれる、たいへん有意義な授業となりました。



原岡 知宏(はらおかともひろ)

1974年 大阪生まれ大阪府立大学出身
2003年 株式会社中川政七商店入社
2006年 同社生産管理部部長
2007年 同社営業部部長
2015年 同社取締役管理部部長
2017年 一般社団法人日本工芸産地協会事務局長
2018年 一般社団法人日本工芸産地協会理事




原岡 知宏(はらおかともひろ)

1974年 大阪生まれ大阪府立大学出身
2003年 株式会社中川政七商店入社
2006年 同社生産管理部部長
2007年 同社営業部部長
2015年 同社取締役管理部部長
2017年 一般社団法人日本工芸産地協会事務局長
2018年 一般社団法人日本工芸産地協会理事






資料請求
オープンキャンパス