TASK Blog
2022年 4月 18日
今日から1年生の授業が始まります!
今回の基礎専門知識学では、京都伝統産業ミュージアム 館長の八田 誠治先生にご講演いただき、京都市の伝統産業にまつわる貴重なお話を伺いました。
京都の伝統行事や文化が伝統産業を支え、伝統産業もそれらをまた支えている…大切に受け継いでいかなくてはなりません。

講演終了後、八田先生に少しインタビューをさせていただきました。
Q.TASKの印象はいかがですか?
A.伝統工芸の道を志す、熱意ある若い人がこんなにたくさんいることで、伝統工芸の未来も明るいなと思います。
そして今、伝統産業界では女性の伝統工芸士を増やしていこうとしているので、女性の学生さんが多いのもありがたいですね。
TASKでは実習重視のカリキュラムが組まれていることも、ありがたいことだと思っています。

Q.学生たちにメッセージをお願いします。
A.分業であれ、一気通貫であれ、自分の仕事に誇りを待ってほしいです。
自分がこの技術を守らないと成り立たないんだという気概をもって頑張ってほしいですね。

八田先生、本日は貴重なお話をありがとうございました。

by A.O
前の記事
春先に咲く花
次の記事
10号館前のつつじが綺麗です。


資料請求
オープンキャンパス