HOME > 新着情報 > 和紙工芸専攻 実習室移転完了!9/8(金)

新着情報

和紙工芸専攻 実習室移転完了!9/8(金)

2017.09.12NEWS
綾部市の黒谷和紙工芸の里にあった和紙工芸専攻の実習室が、このたび園部キャンパス内に移転しました。
和紙工芸専攻の開設から10年余り。学生達は2時間近くかけて綾部市内の実習室まで通っていました。今回、工芸の里が耐震面の問題から利用できなくなるとの通知があり、南丹市の園部キャンパス内に全面移転することとなりました。

新実習室屋内風景

さっそく紙漉き

乾燥機もあります

記念写真

今回の移転により、授業のほぼ全てが園部キャンパス内で完結することになります。 ただし楮から材料を精製する部分は、薬剤の使用等で危険性が伴う作業ため、校外研修の形で黒谷に年に数度通う予定です。1,2年次の基礎技術を習得する部分では、引き続き、黒谷和紙協同組合より先生にお越しいただき、黒谷和紙ベースの技術を習得できます。
今後は、他の専攻と同じキャンパスで学ぶ時間が増えるため、専攻間の交流も増えそうです。
紙漉きをできる時間も大幅に増えます。和紙工芸専攻のこれからに注目です。