HOME > 学校案内 > 職業実践専門課程 認定校

職業実践専門課程 認定校

京都伝統工芸大学校は、職業実践専門課程に認定されました。

職業実践専門課程について

平成26年度より文部科学省が新たに創設した学校制度「職業実践専門課程」がスタートしました。
これは、より実践的な職業教育に取り組んでいる専門学校を文部科学大臣が認定するもので、開校以来、国内唯一の伝統工芸に関する教育機関として数多くの優れた人材を輩出してきた本校も認定されました。
今後とも、世界に誇れる日本の伝統技術、その匠の技と精神を後世につなげていくことを使命と考え、伝統工芸から新しいものづくりを生み出す人材育成に励みます。

認定学科

職業実践専門課程の概要

目的

専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して推奨することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とする。

認定に関する主な要件
  • 1. 当該専門課程の修業年限が2年以上であること。全過程の終了に必要な総授業時数が1700単位時間以上又は62単位以上であること。
  • 2. 企業等と密接かつ組織的な連携体制を確保して、授業科目の解説その他の教育課程の編成を行っていること。
  • 3. 企業等と密接かつ組織的な連携体制を確保して、実習、実技、実験又は演習を行っていること。
  • 4. 教育に必要な専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能並びに、指導力の修得・向上を目的として、企業等との連携の下、研修を組織的に行っていること。
  • 5. 学校の自己評価に加え、企業等が委員として参画する学校関係者評価を実施し、公表していること。
  • 6. 企業等の学校関係者に対し、連携及び協力の推進に資するため、教育活動その他の学校運営の状況に関する情報を提供していること。
スマートフォンサイトはこちら