HOME > 学科・コース > 石彫刻専攻

石彫刻専攻 STONE CARVING

石にやさしさを吹き込む、手作りの技を学び、後世に受け継ぐ。

全国でも希少な京石工芸の技。全国でも、京都にしか残されていない手技のみの石工芸を、最高の匠のもとで学びます。1年次には、表面を平らにする技術、仕上がりを決めるノミ跡の美しさなど、それぞれのテーマをクリアしながら技術を習得。3年次以降は自由制作に取り組み、新しい作品にチャレンジすることで、つねに可能性を追求していきます。

石彫刻専攻

最高峰の技術が身につく3つのPOINT

1 基本中の基本である石を削る技術を習得。しっかりと体に覚え込ませていく。

2 全国でも京都にしか伝承されていない手技のみの石工芸が学べる。

3 日本を代表する石工芸の匠が講師陣。一流の技を間近に指導を受けられる。

目指せる主な職種

石彫刻家 / 石工芸職人 / 造園関係 など

課題にチャレンジ!

こうして基礎技術が身につきました。

  • 課題1
    漬物石

    重い石頭とノミをうまく当て、削るという作業を学びます。慣れてくるとうまく反動を利用できるので、楽になるんです。

    表面を真っ平らにする作業は、基本中の基本。上に置くものが安定しませんからね。

    漬物石
  • 漬物石
  • 課題2
    銭鉢

    四角い石を丸く削るのは、大胆さと繊細さが必要です。工芸品として見る人の視線も意識します。

    手水鉢の裏面を平らにする技術や仕上がりを決めるノミ跡の美しさなど、それぞれの課題もクリアしていきます。

    銭鉢
  • 銭鉢
  • 課題3
    灯籠

    最終課題の灯籠は2~3人で共同制作。私は火を入れる火袋と中台を担当しました。

    火袋は中が貫通しているので、石が割れないように神経を使いました。技術の集大成という感じです。

    灯籠
  • 灯籠

卒業・修了制作 京都府石材業協同組合理事長賞
「六角三重層塔」H1425×W640×D540(mm)

「六角三重層塔」
  • 制作者コメント
  • 制作者コメント

    六角の傘を3つ重ねた、三重塔を制作しました。手本としたものは八角でしたが、オリジナルで六角にすることにしました。

    角を落とすときに欠けてしまったりと、石の作品は細かい部分が難しいです。作業に集中して、怪我をしないよう取り組みました。

  • こだわりPOINT
  • こだわりPOINT

    3つの傘の形を揃えることに苦心しました。一辺でも大きさが違っているだけで最終的に立てたときに歪んでいるように見えてしまうので、パーツを均一にすることを心がけていました。

在校生VOICE

在校生VOICE

とても根気がいる石工芸の作業、技術もプロの目も養われています。

硬い石を形にするのはとても時間がかかる作業ですが、ひたすらノミを当て、少しずつ仕上げるのが楽しいです。入学当初、彫った石頭の歪みを先生に指摘されてもピンとこなかったのですが今はわかります。技とともにプロの目が養われていることを実感しています。

田中 芙磨石彫刻専攻 / 佐野工科高校(大阪府)出身

教授・講師からのメッセージ

  • すばらしい作品は百年、千年と存在する。石工芸の世界は地味ですが、作り手ならではの幸福感があります。

    社会の華々しさとは対極にある地味な作り手の世界。しかし、石工芸品は百年、千年と存在し続けます。そんな作品をつくることは、まさに根気と努力のたまものです。一流と呼ばれる作り手に大切な根気を育て、個性に合わせて力が出せるような指導を心掛けています。

  • 西田 太平次 特任教授(伝統工芸士・京の名工) 西田 太平次 特任教授
    (伝統工芸士・京の名工)

学生作品 「柚木型灯籠」H1800×W660×D660(mm)横澤 良介(工芸士3級)/ 多度津高校(香川県)出身

学生作品